廃屋で野良猫から産まれた子猫 6番目の子はなつかない猫だった

リラックスしてくつろぐ姿も見られるようになった
リラックスしてくつろぐ姿も見られるようになった

 廃屋に住み着いた野良猫が子猫を次々産んだ。近所の人が個人ボランティアの手を借りて、母猫に不妊手術をし、子猫たちを保護した。その中、6番目に保護された「むーちゃん」は大阪の家族に迎えられた。だが、なかなか人になつかない猫だった。

(末尾に写真特集があります)

 大阪府内の住宅地にある廃屋に、野良猫が住み着き、出産を繰り返していた。近所に住む人が、野良猫のTNR(不妊して元の場所に戻す活動)や譲渡活動をしている個人ボランティアに相談。2018年6月、生後1カ月ほどの子猫6匹が保護され、母猫もTNRされた。

 子猫には、保護された順に「ひいちゃん」「ふーちゃん」「みーちゃん」と名前が付けられ、最後の子猫が「むーちゃん」だった。

怖がりのはずが、抱っこに応じてくれた

 大阪府内の吉田さん宅では、2018年7月に愛猫のミケちゃんを15歳で亡くしていた。

 2019年3月、末っ子の娘が、「猫が欲しい、猫が欲しい」と言うので、一緒に保護猫の譲渡会に行ってみることにした。吉田さんは実家でも保護猫を飼っていたので、ペットショップで猫を買うということは考えなかったという。

長いひげが可愛い
長いひげが可愛い

 出かけたのは、野良猫の不妊手術を専門に行っている動物病院「ハッピータビークリニック」で開かれた譲渡会。10匹ほどの猫がいたが、前に飼っていた猫もメスだったので、メスで1歳くらいまでの若い猫がいいと思っていた。そこで出会ったのが、むーちゃんだった。

「抱っこもさせてくれない怖がりだと聞いたのですが、『むーちゃん』と呼ぶと、ニャアと鳴いてくれて、抱っこもさせてくれたんです」

一番好きなのは、ご飯をくれるお母さん

 2019年4月にトライアルを開始。むーちゃんは吉田さん宅にやって来ると、すぐに食器棚の後ろに隠れてしまった。のぞきこむと、シャーッという。2日間は何も食べず、トイレも丸1日我慢していた。

 なかなかなつかず、触らせてもくれないので、2週間だったトライアル期間を延長して1カ月間様子を見ることにした。

今日も幸せだったにゃあ
今日も幸せだったにゃあ

 むーちゃんは少しずつ家に慣れてはきたが、人には一向に懐かない。吉田さんは柄の長いスプーンにオヤツを入れて、距離を取りながら与えて、少しずつ慣らしていった。

 努力を続けたかいあって、「ごはんやで」と呼ぶと、寄って来るようになり、身体をスリスリして甘えるようになった。その頃には、少しだけ触らせてくれるようにもなった。2~3カ月たつと、家族のことも分かってきたようだ。

 今では、家族にすっかり懐き、「むーちゃん」と呼ぶと「ニャア」と返事をして、「ご飯」と言うと、走ってやって来るようになった。中でもいつもご飯をくれるお母さんが一番好きなようだ。

【関連記事】アパートの壁の中から子猫の声 壁を壊して救出、幸せな家猫

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この連載について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。