漂白剤をまかれていた子猫 抱かれて人の耳たぶを吸う甘えん坊に

モデル猫のように絵になる顔のてつおくん
モデル猫のように絵になる顔のてつおくん

 住宅の軒下に住み着き、エサやりボランティアからエサをもらっていた子猫がいた。ただし、家の住人は猫嫌いで、漂白剤をまいて子猫を追い払おうとしていた。そこでレスキュー要請が保護活動家に届いた。

(末尾に写真特集があります)

漂白剤で子猫を追い払おうとする住人

 大阪府内で猫の保護活動をしている高野さん。自宅のガレージにも、子猫の写真を貼って、譲渡先を募集している。2018年10月、そんな高野さんのもとに、保護仲間が「民家の軒下の通気口のところに黒猫の子猫がいる。レスキューしてほしい」と連絡してきた。

 現場の家を見に行くと、子猫はエサやりボランティアからおこぼれをもらっては、家の通気口の向こうに戻っていく生活をしていることが分かった。ただ、その家の住人は野良猫が嫌いで、漂白剤をまいて追い払おうとしていた。

「いくら野良猫が嫌いでも、漂白剤をまくとは。これは助けないと危ないと思いました」

お母さん手作りの“宇宙船”で
お母さん手作りの“宇宙船”で

 素手で捕まえることはできそうになかった。高野さんは、子猫がエサを食べてから軒下に帰る際、魚釣り用の大きな網を背後からバッとかぶせて捕獲した。

抱っこされて、耳たぶをチューチュー

 高野さんは最初のうち子猫を譲渡するつもりだった。子猫は人を威嚇せず、先住の他の猫にも、物怖じせずに早くなじんだという。体重は550グラムあり、エサをもらっていたので順調に成長していたが、ウェットフードを与えても吐いたり、食べなかったりして、最初は大変だったという。

 世話をするうちに、だんだんと情が移り、高野さんは「てつお」くんと名付けて、自分で飼うことにした。

耳たぶをチューチュー吸うのが好き
耳たぶをチューチュー吸うのが好き

 てつおくんは甘えん坊で、人に抱っこしてもらって、耳たぶをチューチュー吸うのが大好きだ。母猫の乳首からお乳を吸っていた記憶が残っているのだろうか。歯をあてないように、唇と舌を上手に使って、チューチューと吸うのだという。

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。