ティッシュ箱に入れ捨てられた子猫 翌日も生きていて保護される

ハチワレ猫「ココ」
ハチワレのココちゃん

 炎天下にティッシュ箱に入れて、子猫が無造作に捨てられていた。発見した人は「うちでは飼えない」とその場を通り過ぎたが、翌日も子猫は頑張って生きていた。見かねて子猫は保護され、知人の猫好きの家で大事に育てられた。

(末尾に写真特集があります)

子猫は翌日まで生きていた

 2006年夏、炎天下だった。大阪府内にある住宅地の集会所の前に、ティッシュの箱に入れてハチワレの子猫が捨てられていた。

 近所の人が猫の鳴き声を聞きつけて発見した。だが、「うちでは飼うことができない。このあたりは野良猫でいっぱいだし……」と思い、その場を離れ、家に帰った。翌朝、「もう死んでいるだろう」と、スコップを持って埋めに行くと、子猫はまだ生きていた。

 かわいそうになって、子猫を保護したという。子猫はまだ生後1カ月くらい。ひとまず命拾いした。

ハチワレ猫「ココ」と大好きなパパさん
「パパさん、大好き」

知人を頼って子猫を託す

 子猫を保護した人の息子は、大阪府に住む辻本さんの夫と知り合いだった。

 当時、辻本さん宅では猫を4匹飼っていたので、猫好きな人なら、何とかしてくれると思ったのか、息子は辻本さん宅に子猫を連れてやってきた。

 辻本さんはとりあえず子猫を預かった。預かりはしたものの、辻本さんにすれば5匹目の猫。喜びよりも「また1匹増えた」という不安を強く感じた。

「譲渡する気はなかったので、仕方なく自分の子として育てることにしました。でも、可愛かったんです」

 いまでこそ辻本さんは猫の保護や譲渡会をして、獣医師やボランティアさんとのつながりもあるが、当時はまだ本格的に活動をしていたわけではなく、戸惑ったという。

すき間に潜るハチワレ猫「ココ」
器用にあちらこちらに潜る

不思議な子猫

 子猫には「ココちゃん」と名前を付けた。とてもクールで、無表情な猫だった。人見知りもしないが、甘えることもない。人に触られることもブラッシングされることも全く好きではない。嫌なことをされると「ウウッ」と怒ることはあるが、爪も立てないし、怒らない。「シャーッ」ということもない。多くの猫を飼って慣れている辻本さんから見ても「不思議ちゃん」だという。

 ただ、子猫のうちから夫が腕の中で寝かしつけていたので、すっかり夫に懐き“パパっ子”になったという。

【関連記事】失った猫にそっくりな捨て猫 家族みんなに可愛がられ、姫に成長

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫の寄生虫、どんな子も迎える前に検査・駆虫の習慣を 獣医師と保護猫のプロに聞く

「保護猫」を家族に迎える人が増えています。外暮らしを経験したことのある猫の場合、寄生虫への注意が必要です。獣医師と保護猫のプロに聞きました。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。