山の中に捨てられていた子猫 カーテンが大好き、やんちゃ猫に

 人も通らない山の中に捨てられていた子猫。たまたま運良く保護、譲渡されて、温かい家に迎えられた。すると、大変なやんちゃぶりを発揮。家のカーテンをやぶいて回ったのだった。

(末尾に写真特集があります)

山に置き去りにされた子猫

 京都府内、周囲に民家もまったくない山の中の道ばたで子猫が1匹発見された。子猫が1匹でいるような場所ではないので、おそらく誰かに捨てられたのだろう。

 たまたま仕事で通りかかった人が道の端にいた子猫を保護した。だが、自宅で猫を飼うことはできなかったため、譲渡活動もしている地元のペットショップに子猫を連れて行った。

 京都府内に住む中西さんは、そのペットショップのブログを見るのが日課になっていた。譲渡先を探している猫が掲載されていて、子猫だけでも20匹ほどいた。

「その子猫は生後2カ月半になっても譲渡先が決まらず、掲載されていました。ブログには、誰かに引き取ってもらえないと、次の子を迎えられないと書かれていて、毎日のように投稿されていました」

トラ猫「にゃんこ先生」と子猫時代の三毛猫「金閣」
子猫時代、にゃんこ先生を遊びに誘う

 中西さんは当時「にゃんこ先生」という6歳の元保護猫を飼っていて、その猫への愛情が強くなっているのを自分で感じていた。

「にゃんこ先生が死んだらどうしよう、と不安が募ってきたんです。にゃんこ先生も友達がいたほうが楽しいだろうし、多頭飼いしてもいいかなと」

 中西さんは20135月、先住のにゃんこ先生との相性が心配だったため、2週間のトライアルからスタートした。まだ2カ月半だった子猫には「金閣」ちゃんと名付けた。

 金閣ちゃんは3日目くらいから、にゃんこ先生の後をついて回るようになった。にゃんこ先生は、年の離れた妹がじゃれてくるのに、あきらめ顔で付き合っているようだった。

猫育児に振り回されて

 もっとも、中西さんは、遊び盛りの子猫、金閣ちゃんの世話で「頭がおかしくなりそうだった」と振り返る。

「にゃんこ先生はおっとりしていて、人に甘えるのが上手なんですが、金閣は天真爛漫。カーテンに登るのが好きで、カーテンが全部ボロボロになってしまいました。外から見たら、暴れる子どもがいるか、家庭内暴力が起きているように見えたと思います」

 当初はカーテンが破られるたびに買い替えていたが、たった1日でびりびりに破られたので、途中からあきらめて、1年くらい破れたカーテンのまま過ごした。

子供に触られてご機嫌斜めな三毛猫「金閣」
猫好きな子供が遊びに来た時、遠慮なく触られて少しご機嫌斜め

 金閣ちゃんは、食べ物への執着もすごかった。うっかり食卓にごはんは置いておけない。米やパン粉、小麦粉の袋まで食いちぎられた。

「想定外のことが多くて、まるで猫とは違う生き物を飼ったようでした」

 まるでスパイダーマンのような金閣ちゃんに翻弄されながらも、中西さんは金閣ちゃんのことが愛おしくて仕方がないという。

【関連記事】失った猫にそっくりな捨て猫 家族みんなに可愛がられ、姫に成長

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫の寄生虫、どんな子も迎える前に検査・駆虫の習慣を 獣医師と保護猫のプロに聞く

「保護猫」を家族に迎える人が増えています。外暮らしを経験したことのある猫の場合、寄生虫への注意が必要です。獣医師と保護猫のプロに聞きました。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。