アパートの壁の中から子猫の声 壁を壊して救出、幸せな家猫に

うとうとする猫「てんくん」
うとうとする猫「てんくん」

 古い木造アパートの壁の中から子猫の鳴き声がした。助けるには、壁を壊さないといけない。大家と住民の了解をえて、壁に穴を空けると、白っぽい小さな子猫が現れた。

(末尾に写真特集があります)

 大阪市内の住宅密集地の一角に、朽ち果てそうな木造のアパートがあった。ほとんどの部屋は空室で、1室に一人のおじいさんだけが住んでいた。2018年5月、普段は静かなアパートが、にわかに騒々しくなった。壁の中から、子猫の鳴き声が聞こえてきたのだ。

「アパートの壁の中から、子猫の鳴き声がする。レスキューしてほしい」と、大阪で猫の保護活動をしている高野さんに、保護仲間の女性から連絡が入った。

 急いで現場に駆けつけると、確かに1階の外壁から猫の声がした。住人のおじいさんも、2日くらい前から猫の声がしていたと言う。

お月様の形のキャットウォークに乗って
お月様の形のキャットウォークに乗って

 どうやら2階で母猫が子猫を産み、子猫は2階から1階へと、柱を伝ってだんだん落ちていったようだった。母猫は、この子は成長できないと見限ったのだろう。どこかに行ってしまって姿は見えなかった。

壁を壊してレスキュー

 ただ、子猫は壁の中。壁を壊さないと助けられない。高野さんは、大家さんとおじいさんに事情を説明して、いったん壁を壊して、子猫を助けることを許可してもらった。2人とも快く承諾してくれたという。

 ニャアニャアと声がするあたりの壁を工具で壊すと、白っぽい子猫が1匹見えた。高野さんは、手を伸ばし、首をつかんで壁の中から子猫をそっと取り出した。男の子だった。

 動物病院に連れて行くと、生後4週間くらいで、体重280グラム。お腹に回虫がいたので下痢と嘔吐がひどく、治療が必要だった。

先住猫にすぐなじむ

 高野さんは子猫に「てん」くんと名前を付けて、ミルクとウェットフードを食べさせて育てた。てんくんはご飯をしっかりと食べた。

「ねこ検定って何なの?」と興味津々。黒猫のてつおくんと
「ねこ検定って何なの?」と興味津々。黒猫のてつおくんと

 家にやって来た当初、先住のおとな猫たちはシャーッといって威嚇したが、てんくんが新しい環境になじむのは早かった。

「猫にも相性があります。てんの場合は、先住猫に『しゃーないな』と思わせるところがあって、スムーズに打ち解けることができました。たとえば、近寄りがたい存在のボス猫のところにもスーッと寄って行って、スヤスヤと横で眠るんです。そんなことをされたら、怒る気がしないんでしょうね」

 先住猫ともうまくやっていけそうだったので、高野家の“家猫採用試験”にパス。7月に正式に家の子になった。

【関連記事】 パステル三毛の野良の子猫 見そめた独身男性に迎えられ幸せに

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。