愛猫たちの“マイブーム” 年を取るほど、飽きるのが早くなる切なさと葛藤

 狭い我が家に猫が2匹もいると、猫だけの世界において、その時々の“流行”が生まれることも多々あります。

捨てるはずの段ボールにハマって……

 つい最近、猫らの間で流行っていたのは、家電を保護していた段ボールに身をひそめることでした。

 家電とは、丸みを帯びたサーキュレーター(扇風機のようなもの)。寒い空気を逃すために新調したものでした。そのサーキュレーターの丸っぽい部分を守るためについていた、段ボールの形がちょっと変わっていて(写真参照)、猫がすぽっとハマるのにちょうどいいサイズだったです。

サビ猫「あんず」
変わった形の段ボールにハマるあんず

 はじめにそこにハマり始めたのは、ビビりのキジトラ猫・モモでした。捨てようと思って箱から出したところ、モモがハマり始めたのがかわいくて、捨てずにしばらく遊ばせることにしました。

 モモは“ちょうど”の場所にハマるのが大好きな猫。以前、黒いテープで四角く囲った“猫ホイホイ”を作ったときも、一目散にハマりに来てくれた過去もあります。

サビ猫「あんず」とキジ猫「モモ」
猫ホイホイにつかまるモモ

 そもそも、我が家に初めて来た子猫の頃も、最初は夫のギターアンプの後ろのくぼみにハマっていたり、テレビの後ろと壁の間の狭いスペースに入り込んだりしていたものでした。

 クローゼットや食器棚の中など、狭いけど猫がぎゅうぎゅうに入れる場所が好きな猫って、結構いますよね。落ち着くんでしょうね。

捨てられない……いや、捨てていい!?

 しかし、元気なサビ猫・あんずの場合は、猫ホイホイには興味を示さなかったし、狭い場所をそれほど好みません。

 とはいえ段ボールは好きなので、いずれあんずもハマるようになりました。モモの場合は、私が気づいて写真を撮ろうとすると、サッと逃げてしまうのですが(なんで?)、あんずはしばらく居座ってくれました。

サビ猫「あんず」とキジ猫「モモ」
モモは、飼い主に見つかると段ボールから出てきます。なんで?

 はじめ、モモはその段ボールにハマって「落ち着くわ~」といった状態でしたが、あんずがハマり始めてからは、2匹で小競り合いをするときに使うようになりました。どちらかが猫パンチなどの攻撃側に回ると、どちらかが段ボールに身をひそめて防御。というのを繰り返していました。

 これは捨てられないなぁ……まぁ、猫らが遊んでくれているし、いいことだ、など思っていると、ほんの数日で流行が去っていました。

 あんなに流行していた段ボールは、2匹の視界から消えたのか?というほど影の薄い存在になってしまったのです。

サビ猫「あんず」
“ねこめしや”をするあんず

流行が去るのが早くて寂しい……

 以前までは、2匹の間で遊びやモノの流行は、長期間続くことが多かったのです。猫が遊び始めたおかげで、捨てられなくなったものが我が家にはいくつもあり、 “猫にちょうどいいサイズ”の段ボールをはじめ、ボロボロのタオル、梱包材、ファブリックの椅子など、捨てようと思った時期から何年も、猫のためだけに存在していたこともありました。

 今回も、段ボールを捨てたいと思っていたくせに、なんだか流行が去るのが早すぎることが寂しくて、猫らの前にわざわざ段ボールを設置したりしましたが、無視されました……。

 このまま諦めてなるものか!と、猫用のレーザーポインターのおもちゃを段ボールに当ててみると、ついにあんずが興奮し始めたのです!

 段ボールにレーザーポインターが当たると、ジャンプしたり、ダッシュしてまた戻ったり。

 わー!これは嬉しい!!レーザーポインター+段ボールの合わせ技が功を奏して、再度段ボールが脚光を浴びた瞬間でした。

サビ猫「あんず」とキジ猫「モモ」
レーザーポインターで興奮!

 しかし、その時間はあっという間。2~3分であんずは“スン……”と冷静になっていて、遊びは終わっていました。

 ちょっと流行の期間が今までより短いけど、もう捨てていいってことなのかな……。寂しいな……という葛藤のなか、なかなか捨てられずにおります。

 この段ボールは優秀で、猫が興味を失っても、2歳の子どもがブロックを積んで遊ぶなど、さまざまな役目を果たしています(家電を守っていた時点で役目は終わっているのですが……)。

 我が家の猫らが高齢のせいでしょうか。「流行に乗る」のって、若者限定だったりしますけど、猫にとってもそうなのかもしれないと感じる出来事でした。

安田有希子
2015年からsippoにて「猫アレルギーですけど」の連載開始。2匹の元保護猫と暮らして4年目に猫アレルギーが発覚するも、平和に暮らす。猫の好きなパーツは、小さく並んだ門歯。幼少の頃「うちのタマ知りませんか?」のすごろくに大ハマりした年代。栃木県出身。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。