犬が水を飲みたくなる工夫を 脱水や熱中症を防ぎ健康に過ごそう

 健康な犬は体重の約60%が水! 生命維持に何よりも大切な水について考えてみましょう。犬は加齢にともない腎機能が低下しがちで、体内の水分量の保持が難しくなることもあり、脱水症状や熱中症を起こしやすくなります。また、動きにくくなると水分摂取量が減ることも。犬が水を飲みやすいように工夫をすることで飲水量が増え、脱水や熱中症を予防することができます。生命維持にもっとも必要な水の種類や飲ませ方を見直してみませんか?

犬に飲ませる水の種類

 犬に飲ませる水には、水道水、ミネラルウォーター、ピュアウォーター、犬用飲料水などがあります。いろいろな種類がありますが、「犬だから」と特別に考えることはありません。

 犬にミネラルを多く含む水を飲ませると結石症になるという説もありますが、水道水や軟水のミネラルウォーターに含まれるミネラルは微量です。ただしミネラルの多い硬水や、ミネラルを添加されている水は控えたほうが無難かもしれません。

犬用の水の器は複数個を用意

 衛生面を考えると、水の器はステンレス製、陶器製、ガラス製がいいでしょう。器をかじる犬には傷つきやすいプラスチック製などは避けること。ある程度重さがあったほうが安定しやすく、犬がぶつかったときにもひっくり返りにくいので安心です。サークルのフェンスやクレートの扉に設置できる給水器ならこぼれる心配もありません。給水器にはノズルタイプと受け皿タイプがあるので、犬が飲みやすいタイプを選びましょう。

犬が水を飲みやすい器を選ぼう
犬が水を飲みやすい器を選ぼう

 飼い主の留守中に犬が器にぶつかったり地震が起きたりした拍子に水がこぼれてなくなってしまうと、暑い季節には脱水や熱中症の危険が高まります。水の器は複数個を用意することが大切です。

犬の1日の飲水量を確認しよう

 犬の1日の飲水量の目安は、体重5㎏なら234ml、10kgなら394mlとなります。この飲水量は電卓を「kg×kg×kg=√√×70」と左から順に打っていくことで計算できます。運動量や環境によっても差が生じるので注意を。犬がいつでも新鮮な水を十分飲めるように用意しておきましょう。

 飲水量が大幅に増えた場合、クッシング症候群、腎臓病、糖尿病などが疑われます。「水をよく飲む」ことが健康のサインと思いがちですが、動物病院を受診すること。これらの病気の場合、飲水量を制限すると一気に脱水が進みます。水は犬が飲みたいだけ飲ませること。 

 人の場合、70代頃から体温調節の温度センサーやのどの渇きを判断する渇水センサーが鈍くなると言われています。犬のセンサーが低下する時期は不明ですが、10歳を過ぎて老犬になってきたら、少しずつ犬が水を飲みたくなる工夫を始めましょう。また、病気や体調に応じて動物病院に相談することも必要です。

犬が楽な姿勢で水を飲めるよう工夫を

 高齢犬は頭を下げて水を飲む姿勢が負担になるので、水の器を台の上に置き、楽な姿勢で飲めるように工夫を。定期的に飲水量を確認し、異変に気づいたら動物病院を受診しましょう。

犬が水を飲みたくなる工夫を
犬が水を飲みたくなる工夫を

 暑い時期に熱中症や脱水の予防と考えて、水をがぶ飲みさせていませんか? 人と犬を同じ体重にして腸の水分吸収力を比較した場合、犬は人3分の1程度とも言われ、一度に水を大量に摂取するとウンチがゆるくなってしまうこともあります。

 ノズルタイプの給水器は飲水量を確認しやすく、水を少量ずつ飲むのにも適していますが、器に比べて必要量を飲むのにやや時間がかかります。器も併用して一日のトータルの飲水量を減らさないように工夫しましょう。

老犬のため“フレーバー水”という方法も

 老犬は腎臓の機能が低下し、体内の水分量の維持が難しくなります。唾液の分泌量も減って口の中が乾燥ぎみになりがち。唾液による食べかすを洗い流す作用が低下すれば、口内で雑菌が繁殖しやすくなるうえ、食べ物を飲み込みづらくなります。

 スープ仕立ての食事にすれば、水分も摂取できて飲み込みやすく一石二鳥です。たとえばドライフードに肉や魚のゆで汁をかけてふやかす、水分が多めのトッピング食にする、といった方法です。

 犬が水を飲みたくなるように、かつお節をこしたり犬用ミルクを少量混ぜたりして“フレーバー水”を作るのも良いアイデア。食後に飲ませれば、食べかすを洗い流す助けにもなります。

 飲水量が減って脱水ぎみの状態が続けば、さまざまな病気の引き金になる危険が。犬が水を飲みたくなる工夫で健康を守りましょう。

【関連記事】 犬の肥満を防ごう 体形チェック法と脂肪が健康によくない理由

監修:小林豊和
獣医師、グラース動物病院(東京都杉並区)総括院長。最良のホスピタリティと獣医療を提供するため「チーム医療」に取り組む。帝京科学大学准教授として犬猫の健康寿命やアンチエイジングの研究も行なっている。

sippoのおすすめ企画

投稿コーナー「朝ワンコ・夕ニャンコ」 犬と猫の写真を大募集!

「朝ワンコ・夕ニャンコ」は、みなさまに投稿していただいた写真でつくるコーナーです。毎日日替わりで、朝7時にワンコ、夕方16時にニャンコを紹介します。sippoの今日の「かお」になりませんか?

この特集について
犬の健康寿命をのばす習慣
人間より早く老化が進む犬。健康で長生き、健康寿命をのばすための方法を小林豊和獣医師に紹介してもらいます。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。