けがをした野良の子猫 世話するうちに可愛くなり、家族に迎える

茶トラ猫
チビちゃん

 エサを与えていた野良猫が子猫を産んだ。そのうち1匹が他の猫にやられたのか、尻尾を切られるけがをした。見かねて保護して、家で世話をすることになった。

(末尾に写真特集があります)

手をかまれながら保護した

 京都府内に住む須藤さんは、近所にいる野良猫にエサを与えていた。その猫が2匹の子猫を産んだ。2016年11月、猫のけんかの声がすると思って外に出てみると、1匹の子猫が尻尾を切られる怪我をしていた。母猫をいじめている猫がいたので、その猫にやられたのだと思った。

寝転がる茶トラ猫
思いっきり伸びをして大あくび

 怪我をした子猫はふらふらになっていて、追いかけたら驚いて側溝に逃げ込み、ちょうど側溝のふたが開いている所にはまるように落ちた。シャーシャーと激しく声をあげて威嚇してきたが、穴にはまっていたので、なんとか保護することができた。子猫は須藤さんに抱き上げられる時、激しく抵抗し、指を強くかんできた。

 残る1匹の子猫も保護しようとしたが、姿が見えなくなっていた。

世話するうちに情が移る

 保護した子猫は生後2カ月くらいだった。家にあった段ボール箱に入れようとしたが、暴れて逃げようとするので、ガムテープを貼り、ふたをして動物病院に連れて行った。獣医師の前では、観念したようでシャーシャーいうこともなかった。

 尻尾の怪我は周りの皮膚を集めて縫合して治してもらった。

眠る猫
よだれを垂らしてすやすや

 須藤さんは、猫を飼うのは初めてで、捕まえる時に指を咬まれたので最初のうちは怖いと思った。ちゃんと触れるまで2週間くらいかかったという。それでも保護して世話をしているうちに可愛くなってきた。小さかったので「ちび、ちび」と呼んでいて、そのまま「チビ」という名前にした。

 当時、須藤さんは、猫を飼えないマンションに住んでいたため、しばらくチビちゃんを実家に預け、自宅と行き来しながら世話を続けた。

子猫を新築の家に連れてくる

 実家で、チビちゃんがコロンと寝転がっている姿や、背中を向けて毛づくりしている様子を動画で夫に見せると、「もうかんでこない、大丈夫だ」と言った。2017年1月、須藤さんは新築した家にチビちゃんを連れて来て同居を始めた。

 実家では天真爛漫だったが、新しい家に連れて来ると、最初は机の下に隠れてしまった。すぐに慣れてきたのはいいが、いきなりクロスで爪とぎをしたという。小さい時にけがをしたせいか警戒心が強く、お客さんが来ると、すぐに2階に上がってしまって出てこない。

上から見下ろす猫
冷蔵庫の上から早く遊べと見下ろす

 それでも須藤さん夫婦はチビちゃんにメロメロだ。

「猫って気まぐれで自分勝手なイメージがあったけど、甘えてきて可愛い。相手をしてほしい時は鳴きながら近寄ってくるし、スリスリしてきます。ゴロンとする時も可愛い。仕草が全部可愛いんです」

【関連記事】 自ら住む家を選んだ? 庭暮らし3カ月、台風の日に家猫になる

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。