自ら住む家を選んだ? 庭暮らし3カ月、台風の日に家猫になる

食べるの大好き、大きくなりました
食べるの大好き、大きくなりました

 猫好きな人には、猫の方から寄って来るのだろうか。どこからともなくやって来て、庭に住み着いた野良猫。台風が近づいた日、危険を逃れるようにして、自分で家の中に入り込み、以来、家猫になった。

(末尾に写真特集があります)

庭猫として3カ月

 大阪府内にある植田さん宅。2015年4月くらいから、庭にやって来る野良猫がいた。リンゴの木箱をいくつか置いていたので、そこをねぐらにしていた。

 それまで家の中で飼っていた猫が16歳半で旅立ったばかりだった。

身体の大きなマロンくん
身体の大きなマロンくん

 庭をうろうろしている野良猫を飼うとも飼わないとも決めずに、3カ月ほどエサをあげていた。7月の終わりになり、台風が近づいてきた。荒れ模様の天気のため、「危ないから家に入ってこないかなぁ」と思いつつ、庭の植木鉢などを片付けていると、その猫は危険を察知したのか、自分で玄関から家の中に入って来た。

「どこに行ったのかと思ったら、ソファにいたんです」

食いしん坊で大きな猫

 毛色が栗きんとんのようだったので、「マロン」。生後約1年、最初は、近づくと威嚇してきたが、数日で慣れてきた。頭をなでると、「もっと触って」とべったり甘えてくる猫になった。

 直前まで野良たったにもかかわらず、大人しく、家の中を走りまわることもない。

 ただし、大食漢で、犬のようにガツガツと食べる。家に来た時から体重は6キロほどある大きな猫だった。「マロン」と呼ぶと、「ニャッ」と答える。

1週間の家出騒動

 植田さんは翌年8月には、野良の子猫のきなこちゃんも保護して一緒に飼うことにした。そうして2年近くたった2018年春、なぜか、きなこちゃんがマロンくんに急に襲いかかった。

天気のいい日に窓辺でくつろぐと気持ちいいにゃ
天気のいい日に窓辺でくつろぐと気持ちいいにゃ

 大人しいマロンくんは、急な出来事に慌てて、網戸を破って逃げて行ってしまった。どこに行ったのか分からず、1週間ほど行方不明になった。

「自分で庭に帰ってきたので、キャットフードを持って出たら、『ごはんをちょうだい、ごはんをちょうだい』というように鳴くんです」

 マロンくんときなこちゃんは、特別仲がいいというわけではないが、その後はつかず離れずうまくやっているという。

【関連記事】 野良猫ストリートの捨て猫 人懐っこさに夫も涙し、家に迎えた

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。