サプライズで買った子猫 夫婦喧嘩に発展し「猫を捨てに行く」

気品のある猫モモちゃん

 サプライズ・プレゼントに、大きなリボンをつけて犬や猫を贈る動画がある。だが、現実には、贈られた側が必ずしも喜ぶとは限らない。ペットショップでクリスマス・プレゼントとして買ったシンガプーラの子猫。それが原因で夫婦喧嘩に…。新婚の夫は「猫を捨てに行く」と言い放った。

(末尾に写真特集があります)

猫を今から捨てに行く!

 2014年のクリスマスの夜。大阪に住む三井さんのスマートフォンに電話がかかってきた。いつもはメールやLINEのメッセージで連絡してくることが多い友人からだったので、三井さんはちょっと驚いた。

 世間はすっかりクリスマスの幸せな空気に満ちていたが、電話の向こうからは切羽詰まった声が聞こえてきた。

「電話をかけてきた友達の友達が新婚だったのですが、結婚前にご主人に『猫を飼いたい』と言ったところ、『いいよ』と承諾してくれたそうなんです。それで結婚してまもなく、奥さんは夫を驚かせたいと思い、黙ってペットショップでシンガプーラの子猫を買ったんです。ところが、夜9時過ぎに帰宅したご主人は、猫を見るなり、激怒したそうなんです」

 激高したご主人は「今から返してこい」と言い、「ペットショップはもう閉まっている」と奥さんが言うと、「すぐに返せないのなら、公園に捨てに行く」と言い放ったのだという。

小さかった頃

 ご主人の怒りはまったく収まる気配がなく、「捨てに行く」「そんなことはできない」と押し問答になり、もめにもめているということだった。

夜更けに猫を保護

 三井さんの友人は、三井さんが2匹の猫と暮らす愛猫家だと知っていて相談したのだ。電話で話している間にも刻々と過ぎていく時間。三井さんは、何のためらいもなく3匹目の猫を引き受けることにした。

 夜更けに大阪から神戸まで車を走らせ、三井さんは猫を渡してもらった。

「あと少し遅ければ、公園に捨てられていたんです。普通は『捨てる』と言ったって口だけだと思うでしょうけど、そのご主人は本気だったんです」

箱の中に入って得意げな顔

 猫を手放した夫婦はこの事件をきっかけに険悪になり、その後、性格の不一致を理由に離婚したという。

10匹の中でもラスボス的な存在

 シンガプーラは当時、有名芸能人が愛猫だと言っていたこともあり、人気が急上昇していた。

 三井さんが迎えた猫は2013年9月21日生まれで、生後約2ヶ月。モモちゃんと名付けられた。大きな目と小さな体をした可愛い猫だが、ラスボス的な存在になったという。三井さん宅の猫は増え、現在10匹の猫を飼っているが、モモちゃんの右に出る猫はいない。しかし、そのモモちゃんも人間は好きで、甘えてくるという。

 人見知りもなく、家に来た業者さんの膝の上や肩の上に堂々と乗っかることもある。ただ、ちょっと気分屋さんで、そうしたギャップがまた人を惹きつけるのだという。

【関連記事】お寺に捨てられたガリガリな子猫 見違えるほど、かわいらしく

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫を動物病院に連れて行っていますか?

ネコの動物病院の受診率が、イヌに比べてとても低いことをご存じですか? 日頃から動物病院で受診することを習慣にして、どのネコにも健康で長生きしてもらいたい。 sippoはそんな考えから、「ネコも動物病院プロジェクト」を実施しています。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。