草むらで鳴いていた子猫 子どもに発見され保護、元気な男の子に

 新緑の季節、子どもが草むらで元気のいい子猫を見つけた。相談を受けた保護主が自宅で飼育。先住猫たちの“洗礼”を受けながらも、物怖じしない天真爛漫な男の子に育った。

(末尾に写真特集があります)

茂みから跳び出してきた子猫

 頰にあたる風が心地よい季節。子どもが草むらの茂みでミーミー鳴いている子猫を見つけた。2017年5月、大阪府に住む宮沢さんは、友人からそんな連絡を受けた。どうしたらいいのか分からず、保護してほしい、とのだった。

 翌日、その草むらに行ってみると、確かにミーミーと子猫が鳴く声がした。だが、どこにいるのか分からない。

茶トラの子猫
丸く大きな瞳が可愛い

「タヌキやイタチなどが生息しているので、うっかりすると子猫は食べられてしまう。どこにいるんだろうと探したら、ピョーンと跳び出てきました」

 どうやら、たった1匹でいたようで、他に猫は見当たらなかった。

真菌のため隔離飼育

 連絡をしてきた友人は、すでに1匹の保護猫を飼っていて、それ以上は飼えないとのことだった。宮沢さん宅でも4匹の保護猫を飼っていたが、ひとまず子猫を保護することにした。子猫には「鉄男くん」と名前を付けた。動物病院に連れて行くと、4月25日くらいに生まれた子だということだった。

 宮沢さんは、鉄男くんの前に保護した子猫が真菌に感染しており、治療に難儀した経験があるため、鉄男くんもすぐに家の中で隔離した。だが、先住の他の猫も真菌に感染しており、またたく間に鉄男くんも感染してしまった。

イスの上にいる茶トラの子猫
下に降りてみたいけど怖い

 宮沢さんは看病をしながら、最初は昼夜関係なく3時間おきにミルクを与えた。少し歯が生えてきたところで、離乳食を食べさせたが、真菌が治癒すると、すくすく育っていった。

お姉ちゃん猫たちの“洗礼”

「真菌を治すのに3カ月くらい。2階に隔離していたら、生後6カ月ほどになってしまったんです。1階に降りて来て、先住猫と対面したら、お姉ちゃん猫たちにシャーっと言われる“洗礼”を受けました」

 当初、譲渡するつもりだったが、子どもが「女の子の猫ばかりだから、男の子もほしい」と言い出し、第一発見者の友人も「ここなら見に来られる」と喜んだため、家猫にすることにした。

眠る茶トラの子猫
安心して眠る姿は天使

 すくすく成長した鉄男くんは、まったく空気を読まない天真爛漫な男の子になった。お姉さん猫たちが、気に入らないと怒っても、お構いなしに近づいていく。人のことも大好きで、とても懐っこい猫だという。

【関連記事】 駐車場で見つかった子猫 大切に育てられ成長記録はノート6冊に

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。