愛犬の四十九日 庭に現れた子猫 放っておけず家に迎え入れた

個性的な毛柄のはるちゃん

 夜中に突然、子猫が家の裏庭に現れた。家では犬や猫を多頭飼いしており、保護して譲渡しようかと迷ったが、飼い猫にすることにした。子猫は先住の犬や猫にもすぐに慣れて、5匹で仲良く暮らしている。

(末尾に写真特集があります)

突然裏庭に現れ、居ついた子猫

 2019年6月、兵庫県にある西山さん宅。夜中にトイレに行った息子がニャアニャアと猫が鳴く声に気付いた。外に出て裏庭を見に行くと、1匹の子猫がいた。その日は、亡くなった愛犬「ふゆちゃん」の四十九日だった。

 近所の人によると、少し離れた所にある側溝で子猫が鳴いていたといい、その子猫が庭に迷い込んだのかもしれなかった。

ふわふわのキトゥンコートが可愛い子猫時代

 西山さんは子猫を保護して飼おうかどうか迷ったという。すでに家には2匹の猫と大型犬が2匹いて、おいそれと飼い猫を増やすわけにはいかなかったのだ。

「知人や顔見知りの猫ボランティアさんに『猫を飼いたい人はいない?』と聞いてみました。『飼えない』と言われると、半分残念に思い、半分ほっとしました。実のところ譲渡先が見つからなくても良いとも思っていたんです。ボランティアさんは、譲渡先が見つからなかったら協力すると言ってくれました」

 朝になっても、子猫は同じ場所にいて、植え込みの間からひょこっり顔を出して西山さんと目が合った。西山さんはそのまま放ってはおけず、経緯を同居している母親に話すと、「うちで飼おう」ということになった。子猫には「はる」と名前を付けた。名前を呼ぶと、子猫は近寄ってきた。

遊び相手であり、教育係でもある先住猫

 西山家には2匹の大型犬と2匹の先住猫がいたが、他の子が攻撃することはなかった。

 当初は、大型犬に踏まれる危険もあったので、はるちゃんを同じ部屋には入れなかった。だが、自由に歩き回らせるようになった今では、はるちゃんは大型犬に追われても平気で、むしろ向かっていくこともあるという。

お昼寝、気持ちいいにゃあ

 子猫だったはるちゃんは、先住猫たちには飛びついたり、尻尾にかじりついたりしていたが、よほどエスカレートしない限り先住猫たちは許してくれた。その後は先住猫に教えられるように、やっていいことと悪いことが分かるようになり、仲良く一緒に暮らしている。

【関連記事】野良猫ストリートの捨て猫 人懐っこさに夫も涙し、家に迎えた

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

家の中に寄生虫!? 完全室内飼いの猫も対策が必要な5つの理由

「家飼いだから安心」と思いがちだが、実は家の中でも寄生虫のリスクは少なくありません。きちんと寄生虫のリスクと対策を学んでおきましょう【ネコも動物病院プロジェクト】

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。