放浪しボロボロになったオッドアイの白猫 終のすみかが見つかる

優しく微笑むような表情で見つめる星くん

 左右の目の色が違うオッドアイの白猫が、放浪の末、ケガをして保護された。誰かに捨てられたのか、とても人懐っこい猫だったが、保護当時は白い毛も薄汚れていた。その後、猫好きな家に引き取られ、安心できる終のすみかを手に入れた。

(末尾に写真特集があります)

ケガをして汚れていた白い猫

 兵庫県の淡路島。2019年3月、左右の目の色が違うオッドアイの白猫が、ケガをした状態でお寺近くにいて保護された。

 もともと保護団体「淡路ワンニャンクラブ」がTNRをしようとしていた猫だったが、一時姿を見せなくなり、4カ月後に再び現れた時には、ふかふかだった白い被毛が汚れていた。右目はブルー、左目は黄色。けんかで負けたのか、肉球もケガしており、爪が引っ込まない状態だった。

大あくび、見られちゃった

 ボランティアが2日間かけて汚れを拭いたが、それでも汚れが残り、真っ白にはならなかった。検査をすると、猫エイズキャリアだとわかった。

 前歯がなく、獣医師は歯肉炎で下の前歯が抜けたのかもしれないと診断した。そのため舌がちょろっと出るところも可愛らしかった。ケンカで折れたのか、上の牙も1本折れていた。

 それでも、とても人懐っこく優しい性格だったため、もともとは誰かに飼われていて、捨てられたと考えられた。

「外で生きていくのは難しい」

 淡路ワンニャンクラブがブログで紹介すると、すぐに譲渡希望者が現れた。譲渡の準備をしていたが、都合でキャンセルしたいと連絡があった。スタッフは、TNRをするか、もう一度希望者を募集するか悩んだが、その白猫は優しい性格でもあり、外で生きていくのは難しいと考え、譲渡先を探すことにしたのだという。

男前に磨きをかけなきゃ

 保護当時患っていた猫風邪が治り、他の猫と一緒に過ごすようになった。ブラッシングしてもらったり、扉が閉まっていたケージから器用に外に出てみたり、楽しそうに暮らしていた。

ずっと前から家にいたように

 奈良県に住む上本さんは、淡路ワンニャンクラブから猫を譲渡してもらったことがあり、よくブログを見ていて、その白猫に目をとめた。

「きれいなオッドアイで、この子を最後の猫として迎えようと思いました。昔からオッドアイの子を飼ってみたいと思っていたんです」

 2019年4月、白猫は上本さんの家にやって来た。「星(せい)」という名前をもらった。

 星くんは、思っていたよりも大きくて6キロ以上あった。推定5歳くらい。人に対してまったく警戒心がなく、最初から抱っこすることもできた。

レイちゃんと密談中

「家に来ても平気で、ずっと前から住人だったような顔をしていました。先住猫たちが怖がって、シャーシャーいっていましたが、星のほうがぐいぐい近寄って行って、猫パンチをされても、気にしていないようでした」

 星くんは新しい環境と仲間にすぐに慣れ、その後も元気に暮らしている。

 上本さんは印刷会社のデザイナーでもあり、淡路ワンニャンクラブの卒業猫を掲載したカレンダーを毎年作って、寄付している。

【関連記事】事故で足1本を失った子猫 ハンディを感じさせず、のびのび成長

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

家の中に寄生虫!? 完全室内飼いの猫も対策が必要な5つの理由

「家飼いだから安心」と思いがちだが、実は家の中でも寄生虫のリスクは少なくありません。きちんと寄生虫のリスクと対策を学んでおきましょう【ネコも動物病院プロジェクト】

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。