3匹目の子猫を迎えた初日 いつもは動じない先住猫が鬼の形相で威嚇した

 緑豊かな郊外の一軒家で母親と暮らし、近所の子どもたちに絵画や工作を教えている由香さんが、福島の被災地出身の猫「大福」を引き取ったのは、2012年の年の瀬のことだった。その約3カ月後に、同じく被災地の猫「春」を迎え、それから約2年が経った頃に、3匹目の猫がやってきた。

(末尾に写真特集があります)

ちょっと気弱そうな子猫

 3匹目は、計画していたわけではなかった。たまたま、隣の市で猫の譲渡会が開かれると知り、「近所だし、試しにのぞいて見よう」と立ち寄ったことがきっかけだった。

 会場には子猫たちが入ったケージが並び、入場者たちは皆興奮気味だった。早く気に入った猫を見つけなければ、という焦りにも似た空気が漂っていた。

 大福は3歳、春は10カ月と、迎えたのはそれぞれ大きくなってからだった。子猫たちがクルクルと動き回る様子を見るのは、由香さんにとって新鮮だった。

 会場の空気にのまれながら、ふと足が止まったのが、キジトラの4兄弟のケージの前だった。

 そのうち2匹はすでに譲渡先が決まっているようで、係の人の「残り2匹はまだですよ!」の声に思わずケージをのぞきこむと、顔立ちの整った1匹と目が合った。月齢3カ月の雄猫は、まだ「赤ちゃん」だ。あどけなさの中に漂う、ちょっと気弱そうな表情が由香さんの心を捉えた。

 気がつけば「この子にします!」と手を挙げていた。

日なたぼっこする猫
「こんにちは、春です。寝てるんじゃないよ、考えてるの」(小林写函撮影)

鬼の形相で

 子猫は「豆太」と名付けた。有名な絵本『モチモチの木』の主人公「おくびょう豆太」からとった。

 豆太が家で過ごす初日、由香さんは2階の仕事部屋にあるケージに豆太を入れた。そこは普段、猫たちが過ごしている部屋だ。

 すると、これまで何事に対してもどっしり構えて物おじしない大福が、ケージに向かって「ギャー」という叫び声を上げた。まさに鬼の形相ともいうべき姿で、由香さんは仰天した。

 大福はそのまま、部屋からプイと出ていき、その日は部屋に戻らなかった。そして翌日、大福はトイレで真っ赤なオシッコをした。

くつろぐ猫
「どーも、大福っす。弟たちのことよろしく」(小林写函撮影)

 由香さんは大慌てで、かかりつけの動物病院に連れて行った。院長の獣医師は、由香さんの中学時代の同級生「陽子ちゃん」だ。

 検査をしたが、特に内臓などに悪いところはなかった。おそらく、新入りが来たことからくるストレスだろうという見立てだった。

「3匹目が男の子かあ。無謀だねえ」と陽子ちゃんは笑いながら言った。

 雄猫3匹の場合、それぞれが家の中でテリトリーを作り、縄張り争いが起こる可能性が高いという。また猫の世界では新入りが来ると、ボス猫は若者に場所を譲って家を出てしまう例もある、とのことだった。

「大ちゃんが家出しないように、とにかく気をつけてあげてね」

まどろむ2匹の猫
「ねえねえ兄ちゃん、寝てんの?」「だいじょうぶ、起きてるから」(小林写函撮影)

 先に保護団体からも、先住猫が雄猫2匹の場合、新しい猫をいじめるたりすることもあるから注意するように、とは聞いていた。だが、大福と春がすんなり仲良くなったこともあり、油断をしていた。3匹目で同性となると、先住猫たちに対して、より気を遣う必要があるのだ。

 豆太は当分の間、基本的に他の2匹とは生活空間を分けることにし、様子を見ながら徐々に慣れさせることにした。

無邪気な子猫

 救いだったのは、春が、とても友好的だったことだ。初日から警戒することなく豆太に寄っていき、何日かすると毛繕いをしてやったり、遊びにつきあってあげたり「お兄ちゃん」としてよく面倒を見るようになった。

 豆太のほうは、子猫というせいもあって無邪気だった。大福に何度「ギャー」と威嚇されても頓着せず、「遊ぼう!」という様子で元気に飛びついていく。

ジャンプする猫
「春は英語でスプリングってなもんさ」(小林写函撮影)

 そうして日を重ねるうちに、「豆太は縄ばりを争う相手にまで至っておらず、社会を知らないただの子ども」だということを、大福は理解したようだった。

 豆太が来て2カ月が過ぎる頃には、3兄弟がそろって日当たりのよい2階のベランダに並び、過ごす姿が日常になった。

外で暮らす猫たちに

 由香さんの家の裏庭には、ときどき、外で暮らす近所の猫たちがやって来た。

 中にはまだ小さく、避妊・去勢手術をしたほうがよさそうな猫もいた。そのうちの数匹を、由香さんは自ら捕まえてキャリーバッグに入れ、陽子ちゃんのところで手術を受けさせた。

 陽子ちゃんは保護活動にも理解があり、いつも快く引き受けてくれた。猫たちの譲渡先探しも手伝ってくれた。

 すでに3匹と暮らしているので、これ以上引き取ることはできない。そう思ってのことだった。だが、豆太を迎え入れてから5年が経ったとき、4匹目の猫がやってくることになった。

◆由香さんのInstagram

(次回は2月26日に公開予定です)

【前の回】福島から来た猫たちを家に迎えた 動じない「大福」と穏やかな「春」2匹は仲良しに

宮脇灯子
フリーランス編集ライター。出版社で料理書の編集に携わったのち、東京とパリの製菓学校でフランス菓子を学ぶ。現在は製菓やテーブルコーディネート、フラワーデザイン、ワインに関する記事の執筆、書籍の編集を手がける。東京都出身。成城大学文芸学部卒。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
動物病院の待合室から
犬や猫の飼い主にとって、身近な存在である動物病院。その動物病院の待合室を舞台に、そこに集う獣医師や動物看護師、ペットとその飼い主のストーリーをつづります。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。