宮脇灯子

宮脇灯子

(みやわき・とうこ)
フリーランス編集ライター。出版社で料理書の編集に携わったのち、東京とパリの製菓学校でフランス菓子を学ぶ。現在は製菓やテーブルコーディネート、フラワーデザイン、ワインに関する記事の執筆、書籍の編集を手がける。東京都出身。成城大学文芸学部卒。
著書にsippo人気連載「猫はニャーとは鳴かない」を改題・加筆修正して一冊にまとめた『ハチワレ猫ぽんたと過ごした1114日』(河出書房新社)がある。

著者の記事

じんわりと心に染みる幸せな光景 困難が続いた猫の多頭飼育、2匹に変化が訪れた 飼い方
じんわりと心に染みる幸せな光景 困難が続いた猫の多頭飼育、2匹に変化が訪れた
2024/07/05
おもちゃで遊ぶ愛猫たちの姿に生まれた感情 「多頭飼いはおもしろいのかもしれない」 飼い方
おもちゃで遊ぶ愛猫たちの姿に生まれた感情 「多頭飼いはおもしろいのかもしれない」
2024/06/21
「人間は下手に介入しないこと」 姉妹猫と預かり猫の関係に変化が表れたあの日 飼い方
「人間は下手に介入しないこと」 姉妹猫と預かり猫の関係に変化が表れたあの日
2024/06/14
おっとり系男子の先住猫「はち」とグイグイ系女子の新入り猫「ハナ」 またも事件が 飼い方
おっとり系男子の先住猫「はち」とグイグイ系女子の新入り猫「ハナ」 またも事件が
2024/06/07
先住猫「はち」と2匹目「ハナ」 それぞれの安心と関係構築にケージの重要性を知る 飼い方
先住猫「はち」と2匹目「ハナ」 それぞれの安心と関係構築にケージの重要性を知る
2024/05/17
事件発生で深い結びつきを実感 「牧子さんちの猫社会」家猫4匹が結託したあの日 飼い方
事件発生で深い結びつきを実感 「牧子さんちの猫社会」家猫4匹が結託したあの日
2024/05/10
困惑の多頭飼育がスタート 気が強い?甘えん坊?正式に家族になった三毛猫「ハナ」 飼い方
困惑の多頭飼育がスタート 気が強い?甘えん坊?正式に家族になった三毛猫「ハナ」
2024/05/03
紆余曲折あったトライアルを経て 猫の首輪をはずし、大切そうにバッグにしまった 飼い方
紆余曲折あったトライアルを経て 猫の首輪をはずし、大切そうにバッグにしまった
2024/04/19
猫を迎え、日当たりのよい家に越したあの日 愛猫は姿を消し不安と焦りが広がった 飼い方
猫を迎え、日当たりのよい家に越したあの日 愛猫は姿を消し不安と焦りが広がった
2024/04/12
一触即発状態は“よい兆候”だった? 2匹目の猫「ハナ」のトライアルは継続へ 飼い方
一触即発状態は“よい兆候”だった? 2匹目の猫「ハナ」のトライアルは継続へ
2024/04/05
先住猫はちと2匹目ハナ トライアル開始から2週間、譲渡を諦めようと決断した 飼い方
先住猫はちと2匹目ハナ トライアル開始から2週間、譲渡を諦めようと決断した
2024/03/15
「本当にわかっていたのだろうか」 愛猫のことを見つめ直したあの日、転機は訪れた 飼い方
「本当にわかっていたのだろうか」 愛猫のことを見つめ直したあの日、転機は訪れた
2024/03/08