猫連れキャンプで猫が脱走! 真っ暗なうえ雨も降り・・・ さあ、どうする!?

 犬猫たちを連れてキャンピングカー旅をしていると、トラブルにあうこともあります。今までに起きた中で、一番大きな事件は、キャンプ場で梵天丸が脱走! という一件でした。

(末尾に写真特集があります)

あんなに怖がってたのになぜ?

 すっかり猫連れキャンプ(キャンピングカー旅)にも慣れた頃。それは起きました。

 場所は、私たちが何度も利用しているいつものキャンプ場。東北の、美しい湖畔にたたずむのどかなキャンプサイトです。

 今から14年前のこと。キャンピングカー仲間たち数台(6家族)で集まって、夏のキャンプを楽しんでいました。

 持ち寄ったタープを連結して、大食堂スペースを作ります。

 子どもたち(8人)のにぎやかな夕食が終わり、大人たちの宴会タイム。女性陣もようやく一息ついて、井戸端会議に花を咲かせていました。そんなとき。

「うわあっ!梵!?」

 夫の悲鳴が聞こえました。うちの車の、居室のドア(車外から出入りする玄関)が開けっ放しになって、夫がぼうぜんとしています。

「ごめん、緊急事態。梵が逃げた!」

 当時生後8カ月だった梵天丸が、ドアが開いたタイミングで突然、脱走したのでした。

 窓から外を眺めるのは大好きだったけれど、それまで決して出ようとはしなかった梵。むしろ連れ出そうとすると怖がって私にしがみつく子だったのに。急にどうしたのでしょう?

2匹で寝る猫
アメリカンショートヘアのクリス兄ちゃんが大好きだった梵。赤の他人(他猫?)同士でも、こんなに仲良くなれるものかとおどろいたものです。

騒ぐほど逆効果なんです

 何やってんのよ! あれだけ、ドアの開閉には気を付けてって言ってあったでしょ! 瞬時に、頭に血が上る感覚と、血の気が引く感覚を同時に味わいました。

 どうしよう、どうしよう。こんな旅先で脱走なんて……。わなわなとひざが震えますが、びびってたって解決にはなりません。

 旦那を責めたい気持ちも沸き上がりますが、責めたところで梵天丸は帰ってきません。もめていても始まりません。とにかく捜索です。今出て行ったばかり。そう遠くへは行っていないはずです。

 ですが、何しろキャンプ場は暗い。ライトで照らしながら、自分の車はもちろん、周辺の車の下を、丹念にチェックして回ります。まったく知らない土地で、さぞ怖い思いをしているに違いありません。

 こんな時、慌てふためいて大声を出したりしちゃいけない。それは私もわかっていましたが、私の声に、少しでも反応してくれたら。そんな思いで、極力小さな声で「梵天~。梵天丸~」と呼びながら歩きました。

 もちろん、仲間たちも心配してくれています。が、普段と違う気配を感じただけでも、猫は警戒してしまう。どうか気にせず、今まで通り楽しんでいて、とお願いしました。が。そうはいかないのが子どもたちです。

「え? おばちゃん、梵ちゃんいなくなっちゃったの?」

「可哀想だよ! 探さなくちゃ!」

 口々に梵天丸を心配してくれます。そしてちびっこ捜索隊が結成されるまでに。親御さんたちは慌てて「いいのよ、梵ちゃんはそのうち帰ってくるから」。わが子を引き戻して阻止してくれますが、子どもたちは不満顔。中には親の手を振りほどいてついてくる子もいます。

「梵ちゃ~ん!どこーー?」(ああ、そんな大声で…

 気持ちはうれしいけど、お願いだからやめて! 頭を掻きむしりたくなる焦燥感。元気な坊やは何とかなだめて、キャンピングカーに戻ってもらいました。

甘える猫
元々甘えん坊だったところに、この騒ぎですっかり人間べったりになった梵天丸。こんなに常時抱っこをせがむ猫は初めてです

夜明けの雨、そして出てきた梵天丸

 探し始めて数時間が過ぎました。時刻は深夜。周囲のテントも寝静まり、足音さえ迷惑な雰囲気です。私たちはといえば、数百メートル歩いては、もしや、と思って車に戻る、の繰り返し。

 気づけば深夜2時。私もクタクタです。とにかくいったん、車で休むことにしました。車のベッドに横になっても、目がさえて寝付けません。夜が明けるのを待って、もう一度捜索に出ることに。もう懐中電灯は不要ですが、今度はしとしとと雨が降り出しました。

「猫、みつかりましたか?」

 我が家の車の真後ろにテントを張っていた男性が顔をのぞかせ、声をかけてくれました。

「お騒がせして本当にすみません。まだ戻って来ないんです」

 見知らぬ人の気遣いに、不覚にも泣きそうになった、その時「なぁぅぅ……」

 え? 梵?? それは車の後ろ5メートルのところ。私の背丈ほどのブッシュが茂っている、その中に、梵はうずくまっていました。

「梵、おいで。怖かったね。もう大丈夫だよ」

 声をかけながら近づき、すくんでいる梵を抱きしめます。良かった。もう会えないかと思った! 一晩中、ここにうずくまっていたのでしょうか。体は冷え、夜露と雨でびしょぬれです。

 車に戻り、夫に梵を渡すと、彼はただ黙って梵を抱きしめたきり、その場にへたり込みました。私が責めない分、余計にプレッシャーだったことでしょう。

 とっておきの猫用おやつをもらって、大好きなクリス兄ちゃんにもたれかかって、梵はぐっすり。その横で、私たちも安心して、昼過ぎまで寝ぼけたのでした。

茶トラ猫、キジトラ猫
そんな梵天丸も今年で14歳。今や立派な『猫長』です。かつて梵がクリスになついたように、今はキジトラのアル(梵の隣)が、梵にべったり甘えています

【関連記事】犬は喜び、猫は丸くなった キャンピングカーで行ったスキー旅行

浅野裕見子
フリーライター・編集者。大手情報出版社から専門雑誌副編集長などを経て、フリーランスに。インタビュー記事やノンフィクションを得意とする。子供のころからの大の猫好き。現在は保護猫ばかり6匹とヒト科の夫と暮らしている。AERAや週刊朝日、NyAERAなどに執筆中。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
毎日が猫曜日
猫と暮らし始めて、気が付けば40年! 保護猫ばかり6匹と暮らすライターの、まさに「カオス」な日々。猫たちとの思い出などをご紹介します!
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。