6匹の猫たちに秋が来た!! 「梵天丸」は抱っこの秋、「エンマ」はナゾ食欲の秋

 つい先日まで夏日だったのに、急に秋らしくなった今日この頃。

 我が家の猫家族も季節の変わり目を感じているのか、少しずつ暮らしぶりにも変化が出始めました。

(末尾に写真特集があります)

『2段目のオトコ』は1階へ・梵はスリングへ

 まず、先週ご紹介した『2段目のオトコ』=アル。夏の間、エアコンが効きすぎた1階を避けて2階へ行くものの、2階は2階で暑すぎる……。そこで「ちょうどいい」場所が「上から2段目」だったわけですが、秋めいてきて、最近はすっかり1階に定着しています。

 そして、アルが1階にいるようになると、我が家ではいっせいにペットベッドのお掃除を始めます。

 夏の間、見向きもされなかったペットベッドですが、多少肌寒い日は、突然人気になるのです。人間の衣替えよりも、ちょっと早めに訪れる「ペットベッド」のシーズンインに備えて、しまってあった納戸から引っ張り出して天日干ししておくのです。

こちらはプラスチックの押し入れケース。古着を詰め込んで、そのうち処分しようと置いといたら、いつしか猫に乗っ取られ、捨てるに捨てられなくなりました。

 そして、梵天丸の動きも若干変わります。

 猫一倍(?)甘えん坊の梵ですが、秋めいてくると「抱っこして」の催促が一段と激しくなります。

 そういう時にかぎって仕事で手が離せなかったりするので、導入したのがスリング。なのですが、夏の時期は暑くて暑くて。とてもじゃないけど、4.5㎏の猫を抱っこし続ける気にはなりません。それが苦にならなくなると、「秋だなあ」と感じるのです。

昨年冬に買ったスリングは、買ってよかったものオブザイヤー No.1! 重たいけど、両手が使えるだけ飼い主も楽です。

エンマの『食欲の秋』は?

 食い意地王子=エンマにも秋が訪れます。サンマや秋サバなど、秋においしいお魚……と思いきや、彼にとっての秋の味はなんと、白菜の芯!!

 もともと、どういうわけだかモヤシが大好きなエンマ。

 我が家では鍋物によく使うので、夏よりも冬場によく登場します。

 それでも「なんかちょうだい!!」攻撃が激しいので、ためしにキュウリの千切り(冷やし中華に入れるつもりで刻んだもの)を1本、与えてみたら……

 ポリポリポリポリ……

 えええっ?

 要するに、モヤシ程度に細くて、ポリポリ、シャリシャリした食感のものなら何でもいいみたい。ならば、とあれこれ、ためしてみました。

 キャベツの芯=細く刻めばイケる
 キュウリ=前述のとおり。
 レタスの芯=葉脈の太いところは、刻まないほうが好き
 小松菜の茎=まあまあ、イケる
 ホウレンソウの茎=遠慮しときます

 そして白菜の芯=「んにゃぁあぁぁおうぅ!」(モヤシ並みの食いつきのよさ)

 もはや飼い主には、訳が分かりません。

届いた「猪ジャーキー」に阿鼻叫喚

 そんなある日。

 千葉県で害獣駆除をしている知人から、なにやら荷物が届きました。

 増えすぎた猪が田畑を荒らし、けが人まで出ているとか。そこでやむなく、行政からの依頼で駆除しているのです。

「命を無駄にしたくない」

 彼はその猪の肉を、何とか食肉として生かせないか、市内に処理場を作ろうと計画したり(一般の食肉処理場では対応できないため)、食品としての製品化について試行錯誤を続けているとのこと。

 何しろ野生動物ですから、固すぎて食べられない部位もあります。そうした部位をペット用ジャーキーにしようと考え、試作品を送ってくれたのでした。

「犬用に作ったけど、猫の反応が知りたい」との言葉が添えられていました。

届いた猪ジャーキーは、丸飲みすると危険なのでキッチンばさみで小さく切って与えます。

「みんなー。お友達からプレゼントが届いたよー」

 真空パックから取り出すと、匂いを嗅ぎつけて6匹がわらわらと集まります。

 ナオナオ、にゃぐにゃぐ、大合唱。
 ちょうだい、よこせ!の阿鼻叫喚。

 一番食いつきがよかったのが、長男・梵天丸でした。私の指までにくいつきそうな勢いです。

すごい食いつきっぷりの梵。猪をこんなに喜ぶとは…

 次が、案外偏食なアル。そしてサビ…さて、食いしん坊のエンマは?

 なまり節や煮干し、かつお節など、一連の「乾いたもの」は受け付けない、謎の嗜好をもつエンマですが、お肉だったらどうだろう……。

「エンマ、ほら、どうぞ」

 …………。なーぅ…ぅ…。

 しょんぼりと肩を落とし、一歩下がって、梵やアルがあぐあぐとジャーキーに取っ組んでいるのを眺めています。心なしか涙目のような……。

「エンマ、やっぱり乾いてちゃ、ダメなの?」
「なーぅぅ……(おいしそうな匂いなのに乾いてる。こんなに悲しことってある?)」

 わかったわかった。

 こうして今夜も飼い主は、猫のために白菜の芯を細く細く、刻むのです。

【関連記事】半乗っかり・ひねり込み・茶わん持ちまで! クセが強い、穏やかで頑固な末っ子猫アル

浅野裕見子
フリーライター・編集者。大手情報出版社から専門雑誌副編集長などを経て、フリーランスに。インタビュー記事やノンフィクションを得意とする。子供のころからの大の猫好き。現在は保護猫ばかり6匹とヒト科の夫と暮らしている。AERAや週刊朝日、NyAERAなどに執筆中。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この連載について
毎日が猫曜日
猫と暮らし始めて、気が付けば40年! 保護猫ばかり6匹と暮らすライターの、まさに「カオス」な日々。猫たちとの思い出などをご紹介します!
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。