3度の結婚 猫「アーサー」は歴代の旦那にとって手厳しい小姑

 私の弟分だったアーサーは人生2番目の猫。20年にわたって「弟分」でいてくれましたが、途中、一緒に暮らせなかった時代がありました。

(末尾に写真特集があります)

両親とのケンカの仲介役は猫「アーサー」

 大学を卒業して情報誌出版社に就職。そこで7年ほど働いたところで、私と結婚しようというもの好きな男性が現れました。バブル景気に踊らされて、連日の深夜残業、そこから朝まで(クラブではなく!)ディスコ、なんていう日々に疲れていた私は、あっさり会社を辞め、結婚準備に奔走したのです。

 そもそも、両親はこの結婚に反対でした。口をきかなくなるほどのケンカも何度もしましたが、そのたびに仲介役になったのもアーサーでした。「アーサー、お姉がどうしてるか見てきて」。部屋にいる私に、わざと聞こえるように母が言います。

 アーサーは開けっ放しのドアからそっとのぞき込み、私と目が合うと「なーう」。そして小走りにリビングの母の元へ報告に戻ります。

 夜中に帰った日の翌朝は、父がアーサーに話しかけています。「お姉、ゆうべ何時に帰ってきた? 父さんも母さんも心配したんだぞって言っといてくれよ」。これも私に丸聞こえです。

 結婚にあたり、アーサーのことは家族全員で悩みました。私にとっては大事な弟ですが、一人娘を旅立たせる両親にとっては、かけがえのない息子のようなもの。結局、母に泣きつかれて実家に置いていくことにしました。

猫「アーサー」、1番目の旦那が帰るとほえる

 結論から言うと、その結婚は1年ほどで破綻しました。ある意味親の心配した通りになったのです。ふたたび3年ほど親元で暮らし、2度目の結婚。またもやアーサーとお別れすることになったのです。実は2度目の結婚も1年半で終止符となりました。今は3番目の旦那さんと一緒に暮らしています(この結婚はもう20年になるので、さすがに大丈夫だと思います…。多分)。

 アーサーは最初の結婚、二度目の結婚、三度目の結婚、すべてを見守ってくれました。家を出たり入ったり。浮かれていたかと思うと泣き暮れて、しょうもない飼い主にあきれていたかもしれません。それでも、私が怒ったり泣いたりするたびに、寄り添って涙をなめてくれました。

 歴代の旦那さんたちにとって、アーサーは実に辛辣な小姑だったといえるでしょう。特に最初の旦那さんのことは苦手だったようです。彼が家に来ても、アーサーは軽くあいさつするだけでさっさとどこかへ行ってしまいました。母によれば「彼が帰るとアーサーね、玄関で大声でほえるのよ」。

OL時代のアーサーと私。若かったなあ。猫も私も(笑)
OL時代のアーサーと私。若かったなあ。猫も私も(笑)

 犬じゃあるまいし。いつも彼を送って一緒に家を出ていたので、にわかには信じられませんした。しかし、ある日彼だけが帰ったあと、

「ああーぉぅ!わーううぅ!」

 アーサーが閉まった扉に向かって怒りの声を上げたのです。出迎えるときは知らん顔するくせに、なんで? そのときは「あんたまで私たちに反対するのね!」と腹を立てた私でしたが、結局離婚。

 二番目の旦那さんは大の動物好きでした。アーサーにも優しくしてくれましたが、アーサーは一向になつきませんでした。彼が手を差し伸べてもひらりとかわして、手の届かないタンスの上にさっさと逃げていました。

 そして、今の旦那さんです。彼がアーサー的ヒエラルキーの最下層にいたことは、前にもお話ししました。

 彼が初めて私の実家に顔を出したときは傑作でした。アーサーはただ遠巻きに見て、知らん顔。そこまでは歴代旦那衆と同じです。

 彼の好物がバーボンウイスキーだと聞いて、母はI.W.ハーパーの12年ものとブルーチーズを用意していました。我が家は誰もお酒を飲まないので、どうもてなしたらいいのかわからないのです。

「ありがとうございます。勝手にやりますからお気遣いなく」

結婚前の旅先にて、母と私とアーサー
結婚前の旅先にて、母と私とアーサー

 言葉通り、彼はさっさとロックを作ってうれしそうになめています。つまみのブルーチーズのパックをぴっ、と開けた瞬間。

(おっ? お前、お母さんに何もらってんだよ。見せろよ)

 アーサーがよっこいしょ、と、彼の目の前に座ったのです。

「……あの…猫がチーズ欲しそうなんだけど?」

 猫を飼ったことのない彼は面食らっています。

「そりゃ欲しがるわさ。好物だもの」と母。

「だってブルーチーズですよ?人間だって嫌いな人いるのに?」

「あげてごらんよ。ただし、ほんのちょっとね」

 耳かき一杯程度のかけらを恐る恐る差し出すと、アーサーはぺろっと食べて満足げ。塩も脂肪も強いから、もちろんそれ以上はあげません。

「へええー!」

 チーズを食べる猫がそんなに珍しいかい、あんた。両親も大笑い。アーサーはクールなふりして顔を洗っています。

(お前、いいヤツだな。お姉のこと、大事にしろよ)

 ある意味、アーサーが認めた初めての旦那さんだったのかもしれません。

【関連記事】
◆私の猫になった「アーサー」 Aで始まる名前のわけと円卓の騎士

浅野裕見子
フリーライター・編集者。大手情報出版社から専門雑誌副編集長などを経て、フリーランスに。インタビュー記事やノンフィクションを得意とする。子供のころからの大の猫好き。現在は保護猫ばかり6匹とヒト科の夫と暮らしている。AERAや週刊朝日、NyAERAなどに執筆中。

sippoのおすすめ企画

sippo猫塾の参加者募集!服部幸先生にじっくり学ぶ6回講座

猫のために絶対に知っておきたい知識を、猫専門病院「東京猫医療センター」院長の服部幸獣医師にじっくり学びましょう

この特集について
毎日が猫曜日
猫と暮らし始めて、気が付けば40年! 保護猫ばかり6匹と暮らすライターの、まさに「カオス」な日々。猫たちとの思い出などをご紹介します!
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。