2歳のオレサマ猫が、老猫に気遣い? ケージ占拠されても静観

   我が家の愛猫「はっぴー」が、2歳の誕生日を迎えました。来た時は小さく頼りなかった彼も、人に換算すれば、二十歳を超える立派な“青年”となりました。相変わらずわがままだけど、少し、おとなになったところもあるようです。

(末尾に写真特集があります)

 2年前、都内の魚屋さんの屋根が崩落し、きょうだいと一緒に転がり落ちてきた子猫はっぴー。保護当時は、極端に体が小さくて心配しましたが、今では6キロ台。きょうだいの中でも1位、2位を争う大きさに育ちました。

 2年の間に変わったことはいろいろあります。

座布団の上で眠くなってきた
座布団の上で眠くなってきた

先住猫に乗っかり強さアピール

 体が大きくなるにつれて、態度もデカくなりました。前は甘えていた先住の猫「イヌオ」(15歳、メス)に対して、“俺の方が偉い”と上に乗っかって強さをアピールすることが増えました。

   私がイヌオをなでていると、“俺もなでろや”とやって来て、イヌオの足先をガブッ。なかなかの“ジェラ男”なのです。

   私にとって初めての男子なので、ついチヤホヤして、わがままに育ててしまったようです。

   そんな青年はっぴーの誕生日に、青い柄の座布団を贈りました。

   町の古い布団屋さんで布から仕立てたのですが、はっぴーは最初“なんだこれ”と知ら~ん顔。でも、イヌオが近づくと、“俺んだから”と言わんばかりに慌てて、どかんと飛び乗り、香箱座りをしました。“下がってよし”そんな声が聞こえそうです……。

イヌオが休むケージの前で
イヌオが休むケージの前で

老いるイヌオを見守ることも

   はっぴーが強く成長する一方で、乳母係だったイヌオのほうは、確実に老いていきました。歩くスピードが遅くなったり、夜中に何度も鳴いたり、食べたことを忘れて数分後に食事をねだったり……。

   年齢差のある2匹の関係がこの先どうなるかと、ちょっとハラハラもしていたのですが、じつは少し前から、今までにない光景も見られるようになりました。

   赤ちゃん時代からはっぴーが使っている2段ケージに、イヌオがよく入るようになったのです。狭い場所で落ち着くのでしょうか。

   今までのジェラ男なら、“俺の場所だぞ”と追い出したところですが、昼寝するイヌオを“好きならどうぞ”という風に見ています。イヌオが食事の後、食べたことを忘れてはっぴー用にケージの2段目に置いたごはんを食べ始めても、“まあいいか”と見あげています。

   家に来たばかりの頃は、ハンモックで遊ぶ幼いはっぴーを、ケージの外からイヌオと一緒に見守っていました。今では、年老いて変化するイヌオを、ケージの外からはっぴーと見守るようになりました。立場の逆転です。

「優しさも強さなんだよ」

   膝に乗ってきたはっぴーに話しかけると、夢中で指しゃぶり! 赤ちゃんの頃からこれだけは変わりません。我が家の“甘えん坊将軍”は、まだまだ成長しそうです。

【関連記事】天から降ってきた子猫 小さなキジ猫「はっぴー」に出会った

藤村かおり
ペットライター。小説等の創作活動を経て90年代後半から、ペットの取材を手掛ける。2011年~2017年週刊朝日記者、2017年からsippoメインライター。丹念な取材と独自の目線から、動物と人の絆、動物と共に生きる人の心をすくい取る記事に定評がある。ペット関連の著書に『長寿猫』『明日にアクセス』など。現在は保護した黒猫、キジ猫と暮らす。

sippoのおすすめ企画

参加者募集 「めざせ20歳!服部幸先生の猫塾」大阪で開催

猫の飼い主さんなら是非知っておきたい、自宅でできる健康管理の方法や、気をつけるべき数値を学びます。正しい知識を身につけて、20歳を目指しましょう!

この特集について
ねこ飼い日記
古い魚屋の天井が崩れ、落ちてきた子猫「はっぴー」。その成長と、引き取った筆者との生活ぶりを同時進行でつづっています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。