元野良猫「ぽんた」久しぶりの血液検査 ぬぐえないモヤモヤ感

 ぽんたが腎臓病と診断され、治療を開始してから4カ月がたった。2週間に1〜2回程度の通院による点滴治療の経過は良好で、その後食欲が落ちることもなく、体重も安定していた。

(末尾に写真特集があります)

 ぽんたは、ツレアイのベッドや本棚の上で昼寝をしたり、洗面所のタオル用の棚にもぐり込んで香箱座りをしたりと、お気に入りの場所をどんどん開拓していた。家に来てまだ7カ月だが、もう何年も前から家猫であるかのような顔をし、外を通る野良猫を威嚇したりしていた。

 梅雨が明ける頃、久しぶりに血液検査をした。数値が下がっていることを期待したが、腎臓病の進行を判断する血液中のBUN(尿素窒素)とクレアチニンの数値は、ともに少し上昇していた。

 元気で食欲もあるのになぜ、という疑問が湧いたが、先生はこの結果を特に問題視する様子はなかった。ただ、これまで与えていたリン吸着剤を、さらに効果が高いものに変えることになった。

 リンは骨や歯をつくる重要なミネラルだが、腎機能が低下すると、余分なリンが尿と一緒に排出できずに体内にたまり、病気が悪化する。そのため、リン吸着剤をフードに混ぜて、リンを体外に出やすくする必要があった。

「鼻がムズムズする、花粉が飛んでるみたいだな」(小林写函撮影)
「鼻がムズムズする、花粉が飛んでるみたいだな」(小林写函撮影)

 新しく購入した吸着剤1瓶を手に帰宅。リンだけでなく、ほかの老廃物も吸着するものらしい。しかしツレアイも私も、なんとなく腑に落ちない気持ちだった。家でゆっくり血液検査結果表を見ると、リンの数値は前回よりかなり下がっているからだ。

「腎臓に悪いものを取り込まなければ、数値は下がるだろうけど」とツレアイ。腎臓病は、対症療法が中心であることはわかっているが、何かもう少し直接的な治療法はないのだろうか、というのが彼の考えだった。

 人の医療ではこういう場合、「セカンドオピニオンを受けに行く」という方法がある。ネットで調べると、動物の場合でも、最近は増えているという。

 家の近くには、ほかにも動物病院はいくつかある。しかし、どこに相談に行けばよいのか、ピンとこないまま、数日が過ぎた日のことだった。

 その日、私は外で1日仕事をし、疲れて帰宅した。自宅マンションのドアを開けると、土間には男物のスニーカーと女物のサンダルが二足並んでいた。奥からは、英語と日本語が混じった笑い声が聞こえてくる。

「だいじょうぶだって、ここでおしっこしたりしないから」(小林写函撮影)
「だいじょうぶだって、ここでおしっこしたりしないから」(小林写函撮影)

 リビングに入ると、西洋人と日本人の若いカップルが恐縮した様子で立ち上がり、「お留守にすみません」と頭を下げた。聞けば、最近、近所で偶然知り合った夫婦だという。今日の夕方、たまたま近くのスーパーマーケットで再会し、「よかったら、うちに寄って一杯飲みませんか」と誘ったのだと、ツレアイは説明した。

 ご主人はスコットランド人で職業はホテルの料理人。ローテーブルの上には、今晩のおかず用に私が作り置きした、いかにも家庭料理といった武骨な総菜が勝手に並べてある。ツレアイの無神経さにぶぜんとしつつも、「こちらこそ、強引にお誘いしちゃったみたいで」と笑顔をつくり、席に加わった。

 すると、

「 A子さん、いい病院を知ってるんだって」とツレアイが言う。

 今、我が家で病院といえば、人間用でなく動物用をさす。なんでもA子さん夫妻は猫を4匹飼っており、病院には世話になることが多いのだそうだ。

 ただ、場所は隣町で、今通っている病院と比べ、少し遠い。

「A子さんちの子になったほうが幸せだったかな」(小林写函撮影)
「A子さんちの子になったほうが幸せだったかな」(小林写函撮影)

「ぽんたちゃん、可愛いですね」とA子さん。

「ぽんたは、もうだいぶ遊んでもらったんだよね」とツレアイ。

 すると、私の部屋で寝ていたらしいぽんたが起き出して、リビングにやって来た。

「なー」と鳴いて、ソファに飛び乗り、夫妻の間に割って入るとゴロゴロとのどを鳴らす。次は床に飛び降りて、ローテーブルの周りを歩き回り、伸び上がって皿の中をのぞいたり、床に転がったり、ご主人のひざに顔をこすりつけたり。私よりも場になじみ、初対面の来客と打ち解けている。

 夫妻が猫好きというのも大きいのだろう。すっかり懐いた様子のぽんたを見ながら、近いうちにその病院に行ってみようと思った。

【関連記事】
元野良猫「ぽんた」今日も元気に器の前へ 完食するのがうれしい

宮脇灯子
フリーランス編集ライター。出版社で料理書の編集に携わったのち、東京とパリの製菓学校でフランス菓子を学ぶ。現在は製菓やテーブルコーディネート、フラワーデザイン、ワインに関する記事の執筆、書籍の編集を手がける。東京都出身。成城大学文芸学部卒。

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

この特集について
猫はニャーとは鳴かない
ペットは大の苦手。そんな筆者が、ひょんなことから中年のハチワレ猫と出会った。飼い主になるまでと、なってからの奮闘記。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。