猫は呼んでも来ない……でも、しつけは可能!

名前を呼んでも、こんな状態です
名前を呼んでも、こんな状態です

 犬を飼うと、ほぼ必ず「しつけ」をするかと思いますが、猫にしつけとはあまり聞きませんよね。

 確かに、猫はお手などの芸はしません。名前を呼んでも、犬のようにワンワン喜んでこっちに来る、なんてこともありません(涙)。我が家の猫らの場合、名前を呼ぶと、耳だけこっちを向いているので「あいつ、自分のこと呼んでるなー」という意識はあるようですが、「呼ばれたら、そっちに向かう」という感覚は一切ないようです。それに懲りずに、遠くから名前を呼ぶことは多々ありますが。

 そんなことから、猫は人の言うことを聞かない、言っても分からない、と思われるかもしれませんが、猫も言えば分かる生き物です。

「しつけ」をすることにより、狭い場所にも入れるように小さく作られたその頭で、ちょっぴり考えていることがうかがえる出来事が結構あります。

 最も興味深いのが「寝室に入っちゃダメ」のしつけです。

 猫と一緒に寝たい気持ちもありますが、アレルギーの関係で、寝室には一切猫を入れていません。

 寝室は引き戸で、猫が入らないように締めきっています。ところが、しばらくすると、開け方を覚えてしまい、入ってくるようになってしまいました。

 特に朝は「早く起きてきて、我々のご飯を出せ! いつまで寝てるんだ!」といった要求がエスカレートすると、鳴くだけでは飽き足らず、扉に体当たりして、挙句無理やり入ってきてしまうのです。

 なので、引き戸が開かないようにペットボトルなどを駆使して、入れないように工夫しました。景観が悪いことこの上ありませんが、背に腹は変えられません。これは単なる工夫ですが、しつけで言うと、私がいる時に、寝室に入ろうとすると「ダメ!」と強く叱ります。さらに入ってしまったら、「コラ!ダメでしょ!」と追い出し、さらに強く叱ります。

 それを繰り返しているうちに、「この部屋は、入っちゃダメな部屋」という認識が猫のなかにも生まれます。

 今では扉が開いていても、「部屋に入ったら、怒られる」と思い出すのか、部屋に入らず、外から中を伺っています。しかし、入っちゃダメと言われると、余計に興味が生まれるのか、どうしても入りたそうにしている時もあります。

 そんな時は、「入っちゃダメだからね!」と言うと、部屋への興味と、怒られたくない気持ちとの間で葛藤の末、「ぐぅ…」と小さく言って、猫なりに自制させ、入るのをやめています。

 そこでほめると犬のように喜ぶ、ということはあまりないように見えますが、「怒られなかった」という記憶は植えつけられるようなので、これからも続けていこうと思います。

 テンションが高いときなんかは、気にせずうっかり部屋に入ってしまい、「ダメ!」と怒られてから「あっ、忘れてた!」みたいな顔をするところが、また可愛くてたまらないのです。

 人も猫くらい忘れっぽいほうが、生きやすいのかな、なんて思います。

(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。