犬の白内障は定期検査で早期発見を 若齢性や糖尿病性は急激に進行する

犬の白内障
犬の白内障

 病気やトラブルから犬や猫を守るため、飼い主さんにぜひ知っておいてほしい知識を、シリウス犬猫病院の院長、石村拓也獣医師が教えてくれます。連載10回目は犬の白内障についてです。

愛犬の目が白っぽくなったら

 愛犬の目が白っぽくなったなあ……と感じたことはありませんか?

 それは、もしかしたら白内障かもしれません。

 今回は犬の白内障の症状や治療法、もし白内障になってしまった時の対処法などを説明させていただきます。

白内障ってどんな病気?

 目の中のカメラレンズのような働きをしている、透明な「水晶体」と呼ばれる部分が白く濁る病気です。

 水晶体は目の中に入ってきた光を屈折させ、網膜に届ける役割をしています。

 水晶体が白く濁ると、視界がぼやけ視力に影響を及ぼします。

 進行すると失明する病気です。

白内障の図
白内障は目の透明な「水晶体」が濁る病気

白内障の症状は?

 物や壁にぶつかったり、つまずいたりすることが多くなります。このような症状ははじめ暗い場所で現れ、白内障が進行するに従い明るい場所でもみられるようになります。

 また、視力が低下すると触られた時にびっくりしたり、恐怖心から攻撃的になる場合もあります。

 白内障が進行するとぶどう膜炎や緑内障などの合併症を起こすことがあります。これらは強い痛みを生じるので注意が必要です。

白内障の原因はなに?

 白内障の発症の詳しいメカニズムは分かっていません。「先天性白内障」と「後天性白内障」に分けられます。

 ①先天性白内障
  遺伝的素因によるもの

 ②後天性白内障
  加齢性の変化、紫外線の浴びすぎ、糖尿病、栄養不足、外傷などによるもの

白内障の好発犬種

 犬において視力が障害され手術が必要になるほどの白内障は、若齢で発症することのほうが多いです。好発犬種では、若いうちから積極的に眼科の定期検査を行い早期の発見に務めた方が良いでしょう。

〈好発犬種〉

  • トイ・プードル
  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル・
  • アメリカン・コッカー・スパニエル
  • マルチーズ

犬の白内障
手術が必要になる白内障は若齢で発症することが多い

白内障の治療法は?

 白内障は、残念ながら薬で治すことはできません。根本的な治療は外科手術となります。

〈内科的治療〉
 内科的治療は加齢に伴って生じた初期の白内障が対象です。進行を抑える目的で点眼薬が使用されます。残念ながら視力が障害されている場合、視力を回復させることはできません。

〈外科的治療〉
 真っ白になってしまった水晶体を透明にするためには、外科手術が唯一の治療法です。
 一般的には、眼科専門医がいる動物病院で実施することを推奨します。

 手術方法はいくつかありますが、混濁した水晶体を細かく砕いて除去し、人工水晶体(眼内レンズ)を挿入する方法が多いです。

もし愛犬が白内障になってしまったら

 若齢性や糖尿病性の白内障は数日のうちに急激に進行することが多いです。

 白内障と診断されたら、早めに白内障実施可能な動物病院を紹介してもらうといいでしょう。

 白内障が進行して視覚障害が発生した場合、行動は制限されますが犬は聴覚や嗅覚(きゅうかく)などが発達しています。他の器官に補われることにより、慣れれば通常の生活を送れることも多いでしょう。

〈日常での注意点〉

  • 生活環境を急に変えない
  • 飲み水、食事の容器はいつも同じ場所に置く
  • 基準点となる場所(水飲み場や寝床など)を決め、迷った時はそこに戻るよう導く
  • 段差のある場所はゲートなどでガードする
  • 運動不足にならないように毎日規則的な運動をする

まとめ

 残念ながら、白内障の予防薬はありません。

 しかし、予防が難しくても出来るだけ早く病気に気づいてあげることは可能です。

 訴えが出来ないわんちゃんを守るためにも、日頃から目のチェックをし定期的に健康診断を受けることをおすすめします。

(次回は6月23日に掲載予定です)

シリウス犬猫病院
神奈川県川崎市中原区木月2丁目10−6
044-789-9030
*予約優先制、詳細はホームページ

【前の回】犬も歯磨きを始めよう いきなり歯ブラシはNG、ポイントは大げさなくらい褒めること

石村拓也
獣医師。東京農工大学農学部獣医学科卒業。横浜市内の動物病院などを経て、2017年3月にシリウス犬猫病院開院。川崎市獣医師会、日本獣医皮膚科学会、耳研究会、日本獣医輸血研究会所属。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

この特集について
獣医師さんから
病気やトラブルから犬や猫を守るため、飼い主さんにぜひ知っておいてほしい知識を、シリウス犬猫病院院長の石村拓也獣医師が教えてくれます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。