岩合光昭監督が撮った2つの物語 水上と大地で生きる、あるがままのネコたち

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き 2
©Mitsuaki Iwago

 今月、ネコ映画としてご紹介するのは、NHK BSプレミアムの番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」でおなじみの世界的な動物写真家、岩合光昭が監督したネコたちのドキュメンタリー映画『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』です。

岩合監督、待望の2作目

 まさに「真打ち登場!」という感じでしょうか。ネコを撮らせたら日本一と言っても過言ではない岩合監督が1年を掛けて撮影した本作は、頭からシッポまで、ネコ尽くしの映画となっています。中村倫也による、ネコに寄り添ったナレーションも心地いいんです。

 今年で御年70歳となった岩合監督は、2019年に落語家・立川志の輔を初主演に迎えた映画『ねことじいちゃん』で、映画監督デビューをされました。同作は、70歳の大吉と飼い猫タマとのほのぼのとした人間ドラマが好評を博しましたが、今回の監督2作目は、まさにネコたちが主役です。

 これまでに世界中のネコとふれ合ってきた岩合監督が、映画の舞台として選んだのは、ミャンマーのインレー湖と、北海道の牧場です。本作では、2つのロケーションで撮影された物語が並行して進んでいきます。

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き 2
©Mitsuaki Iwago

ミャンマーのインレー湖 手作りの家に暮らす家族とネコ

 インレー湖では、湖上に立つ手作りの家で暮らす家族とネコたちの日々がつづられます。父ネコのエーワーと母ネコのメーワー、その娘シュエと息子グェの4匹は、毎日家の柱を上手に渡って移動します。時には飼い主の人間と小舟に乗ることもあるよう。

 エーワーとメーワーは常に仲良しでラブラブの様子。岩合監督によると、ここまでつがいの親ネコが、一緒にいるケースは珍しいとのこと。そんななか、やんちゃな子ネコたちは、興味津々にあちこちを動き回ります。

 うっかりシュエが、柱から足を滑らせ、湖に落ちてしまった時、メーワーは焦りながら一生懸命手を伸ばして娘を救おうとします。見ているほうもハラハラしましたが、その時はこの家の少年がシュエを救い上げてくれてひと安心。少年とネコが、おでこを合わせてコッツンする姿にも胸がキュンとなります。

 やがて、メーワーから泳ぎを仕込まれた子ネコたちが、湖をすいすい泳げるようになりますが、見ている側も親目線で成長を見守ってしまいます。ネコたちは環境に順応し、湖上生活を満喫しているようですね。

 「ここにいると、ネコと人がひとつの家族に思えてきます。ただ生きるということが、このうえなく尊く思えてきます」と、ナレーションでも語られますが、まさにネコと人間の種を超えた絆を感じずにはいられません。

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き 2
©Mitsuaki Iwago

北海道の牧場に住む大所帯のネコ親子

 ところ変わって、北海道の牧場では、親牛牛舎と子牛牛舎それぞれに住むネコの親子たちが大所帯で住んでいます。特にフィーチャーされるのが、親牛牛舎に住むボスネコのヒメと、なかなか親離れできない息子カーショ、子牛牛舎に住むビッグマザーのチャカスケと、その息子デイジーとサボです。

 牛舎ならではのおすそわけということで、栄養たっぷりな牛のミルクをおいしそうに飲むネコたち。「人にかわいがられて生きるネコは人が好きです」というように、ネコたちは、時に牧場のスタッフの作業中に、「かまって」と言わんばかりに茶々を入れますが、そのあしらわれ方にも愛情が感じ取れます。

 ネコたちが牧草のうえでじゃれ合えるのも、牛舎ならではの醍醐味(だいごみ)かと。なかには、まるで子牛と兄弟のようにスキンシップをし合うネコの姿も見受けられます。

 また、ネコたちにもそれぞれに個性があるようです。やたら喧嘩っ早いボスネコが仁義なき戦いを繰り広げたり、いつまでも母離れできない甘えん坊の子ネコがいたりと、それぞれにドラマがありますが、そういう点は人間社会と同じなんだなと、改めて思いました。

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き 2
©Mitsuaki Iwago

 それにしても、ここぞとばかりにネコたちのベストショットを収められたのは、岩合監督ならではの熟練技かと。まるで自分がネコになったような目線で、ネコたちの日常をのぞいているような気分になれそう。

 まだまだ続くコロナ禍ですが、ネコたちのあるがままのたくましい姿を見ていると、なんだか生きるエネルギーをもらえそうな気がします。

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族
2021年1月8日(金)より全国ロードショー
公式サイト
監督・撮影:岩合光昭 ナレーション:中村倫也
配給:ユナイテッド・シネマ、映像提供:NHK
©「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き 2」製作委員会 ©Mitsuaki Iwago

【関連記事】少年レミと旅する芸達者な犬の曲芸に拍手! 実写映画化『家なき⼦ 希望の歌声』

山崎伸子
ライター、ときどき編集者、カメラマン。映画やドラマのインタビューやコラムをメインに執筆。趣味は旅行、酒場&酒蔵巡り、パンダグッズ集め。好きな映画と座右の銘は『ライフ・イズ・ビューティフル』。実家に帰るとやんちゃなわんこが二足歩行でお出迎え。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
犬の映画・猫の映画
犬や猫が登場する感動作品や、笑顔になれたり、泣ける作品など、観ておきたい映画作品を厳選してピックアップしています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。