サビ猫「あんず」、落下に下敷き未遂で災難な一日 飼い主は心配するも「は?何か?」

 猫もキャットタワーから落ちる。

 こんなことわざはありませんが、「サルも木から落ちる」よりは、実際に起きる確率が高いのではないかと思います。

ドスン!!と音がして……

“その日”は、特別に寒い夜でした。

 私はこたつで1人パソコンを開き、珍しく仕事に集中していたか、いつものようにネットサーフィンに夢中だったか、血眼でネットショッピングしていたか、覚えていません。なぜなら、その後に起きた出来事が衝撃的だったから……。

 その時サビ猫の「あんず」は、キャットタワーの天辺、高さ160センチくらいの場所にいました。視界にぼんやり入っていただけなので、あんずは寝ていたのか、毛づくろいをしていたのかは覚えていません。いずれにせよ、くつろいだ状態でした。

 平和な時が流れているかのように思えましたが、悲劇はいきなりやってきました。

“ドスン!!”

 ものすごい音がしたかと思うと、あんずがキャットタワーの最上段から床に落ちていました。

 その音で、私の横で寝ていたキジトラの「モモ」も飛び起きていました。

“落ちた”と言っても、さすが猫なので、とっさの判断で辛うじて足から着地した様子でしたが、 “ぼんやりと視界に入っていた”だけなので、断定はできません。もしかしたら、どこか体を打っているかも……。

「あんず……大丈夫? どうしたの?」

 ふざけてもいないのに、あんずがキャットタワーから落ちるなんて初めてのこと。どこか具合が悪いから落ちたのか、落ちた時の打ちどころは悪くなかったか、とても心配になりました。モモも、(多分)心配そうに見ています。

 すると、あんずは「は? 何もありませんでしたけど?」みたいな顔をして毛づくろい。落ちたことが恥ずかしかったのかもしれません。猫って、こういうところありますよね。

 一見、平気そうだけど、あんずの体を確認してみようと近づくと……。

「ニャオ! ニャオー!」

 と鳴いて、家庭内パトロールを始めました。なんで今!?

 ひと通り歩いたらガツガツとカリカリごはんを食べ、ささっと別の寝床へ行ってしまいました。

 あんなにガツガツ食べていたなら大丈夫かな? でも……。キャットタワーから落ちた衝撃よりも、ふつうは落ちないところから落ちたということが心配なのです。

サビ猫「あんず」とキジトラ「モモ」
モモ「びっくりした……」あんず「は? 何が?」

あんず、災難の一日

 そういえば、同じ日のちょっと前も、あんずには災難がありました。座椅子に2匹で寝ていたら、2歳の娘が誤って“猫団子”状態の2匹のそばにドスン!としりもちをついたんです。

 猫は瞬時に避けたと思っていましたが、もしかすると、娘が猫のどこかに座ってしまって、痛めてしまった可能性だってあります。それで、キャットタワーから落ちたのでは……。

 娘に踏まれていなかったとしても、急に起こされるわ、キャットタワーから落ちるわ、災難続きの一日だったことは明らかです。

 もともと心配性の私の妄想は、どんどん膨らむばかり……。

 あんずよ、あんず、いつまでも赤ちゃんのような君だけど、もう9歳。若くないのだから、どうか、無理はしないで……。

 私が心配してオロオロしていると、モモはすでに、さっきのお寝床で眠りについていました。モモは“大丈夫だろう”と判断したのかもしれません。

 それを見て、あんずもこんな時に追い回されたら、かえってストレスかもしれないと、少し様子を見ることに。

 すると、ものの2~3分で寂しくなったのか、あんずは私とモモのところにやってきて、モモのそばでクルクル回り、眠りの体制に入りました。体に触れても特に変わった反応はなく、ひと安心です。

サビ猫「あんず」とキジトラ「モモ」
あたしたち、ふまれるかと思ったわ

猫もキャットタワーから落ちる

 あんずは、最近特にキャットタワーの天辺がお気に入りでした。寒くなって暖房を入れ始めたので、暖かい空気が上の方にたまっているためでしょう。

 でも、あんなことがあったら、もう登らないかもしれない……。そう思っていると、もう翌日にはタワーの天辺にあんずの姿がありました。

「え……あなた、昨日落ちたじゃないの。半日しか経ってないけど……。怖くないの?」

 するとあんずは、「何が?」という顔をしながら、さっと顔を洗い、また目を閉じて眠っていました。

キャットタワーのうえにいるサビ猫「あんず」とキジトラ「モモ」
だってここあったかいんだもの

 以前は、2匹でぎゅうぎゅうになって、尻をはみ出させながらタワーの天辺にいたこともありました。落ちそうで見ている方は怖かったのですが、猫にとっては落ちることに、さほど恐怖を抱いていないのかもしれませんね。

 猫もキャットタワーから落ちますが、猫にとっては、さほど大事ではないようです。

【関連記事】キャットタワーで寄り添って… 我が家の猫は暑い所がお好き?

安田有希子
2015年からsippoにて「猫アレルギーですけど」の連載開始。2匹の元保護猫と暮らして4年目に猫アレルギーが発覚するも、平和に暮らす。猫の好きなパーツは、小さく並んだ門歯。幼少の頃「うちのタマ知りませんか?」のすごろくに大ハマりした年代。栃木県出身。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。