山に捨てられた黒猫の子猫 夫にすっかり懐き、心の傷も癒やす

姫月(めい)

 山の中の粗大ごみ集積場で保護された子猫のきょうだい。そのうち黒猫の子猫は、譲渡先がなかなか決まらなかった。猫好き夫婦に引き取られると、すっかり“お父さん子”になり、お父さんの心の傷を癒やしていった。

(末尾に写真特集があります)

 2019年6月、兵庫県淡路島の山中、粗大ごみの集積地近くに子猫3匹が捨てられていた。見つかった時は餓死寸前だったという。

 保護主は、保護団体「淡路ワンニャンクラブ」に「子猫たちを引き取ってくれないか」と連絡した。しかし、子猫がたくさん生まれるシーズンで、小規模な団体では受け入れられる数に限界があり断った。保護主は、淡路ワンニャンクラブのボランティアの個人宅を訪ねて、子猫たちを引き取ってもらえるように頼んだ。ボランティア宅もいっぱいだったが、子猫たちを引き取った。

気になってしまった黒猫

 兵庫県に住む輝葉(てるは)さんは、1匹目の猫を「淡路ワンニャンクラブ」から譲渡してもらった縁で、団体のホームページをよく見ていた。譲渡先を募集している猫たちを見て、夫と「この中ならどの子がいい?」と冗談で話すこともあった。

 そんな時、3きょうだいの子猫が目にとまった。ほか2匹は次々と譲渡先が決まったのに、残る1匹の黒猫「ミントン」だけはなかなか決まらなかった。ホームページには「1匹迎えてもらえたら、私たちは、また次の子を迎えられます」と書いてあった。輝葉さんの心の中で、ミントンちゃんの存在が次第に大きくなり、ついに4匹目の猫として迎えたいと思うようになった。

「急に来ても子猫には会えないと書いてありましたが、ちょうど淡路ワンニャンクラブに物資を届けに行こうと思っていたこともあり、淡路島に向かいました」

 やはり、子猫たちには会えなかったが、預かりボランティア夫婦が子猫を1匹シェルターに連れてきてくれた。その子猫が会いたいと思っていた黒猫ミントンちゃんだった。

小首をかしげる姿が可愛い

すっかりお父さん子に

 ミントンちゃんは猫風邪をひいていて、お腹には回虫がいるので治療中だということだった。輝葉さんはミントンちゃんをそのまま連れて帰ることにした。別れの時、夫婦は泣いていた。

「とても可愛がってくれていたことが分かりました。これは絶対に大事にしなあかんと思ったんです」

 ミントンちゃんは生後2、3カ月。名前は「姫月(めい)」ちゃんに改めた。

 輝葉さんは、姫月ちゃんを飼い始めてから、黒猫のイメージが変わったという。

「黒猫って神秘的だと思っていましたが、座っている格好が面白かったり、ニャーとかミャーとか鳴かず、喉を鳴らすように鳴いたりするところも控えめで面白いんです」

ママの読書の邪魔をする

 輝葉さんの夫は、階段から落ちて半身不随になり、精神的にも落ち込んで、外出することもなくなっていた。それが子猫を迎えるたびに、歩けるようになり、元気を回復していったという。「姫月が来てからは、夫ひとりで動物病院に連れて行けるようになったんです」

 一方の姫月ちゃんも、大の“お父さん子”。獣医師が診察を終えて「もういいですよ」と言うと、姫月ちゃんが診察台から夫に飛びついたこともあったほどだという。

【関連記事】駐車場で見つかった子猫 大切に育てられ成長記録はノート6冊に

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。