マンション10階の廊下に、なんと子猫 住民が保護し新しい家へ

こつむちゃん
こつむちゃん

 いるはずのないマンションの廊下で、子猫は見つかった。大阪府内のマンション10階の廊下。こんな場所まで1匹で迷い込むとは考えられず、誰かに捨てられたのだろう。住民に保護され、猫好きの家にもらわれていった。

(末尾に写真特集があります)

 2018年10月、子猫を見つけたのは、マンションの住民のAさん。大の猫好きで、彼と同棲する時も、猫を飼うことを条件に一緒に住み始めたくらいだ。紙袋を被せると、子猫は簡単に捕まえられたという。だが、自宅にはすでに2匹の猫がおり、3匹に増えることに彼は賛成しなかった。

 Aさんにすれば猫は家族のような存在だが、彼にすれば猫は猫。それ以上でもそれ以下でもない存在だったのだ。

猫好きに引き取られ

 困ったAさんは12月末、大阪府に住む栗本さんに相談した。

「保護した猫を手放すのはつらい。けれどし、1匹の飼い猫が猫エイズなので、その子に手がかかって飼えない。誰か猫のことを大事にしてくれる人がいるといいんだけど」

 相談された栗本さんは、子猫を引き取ることにして、「こつむ」と名付けた。

栗本さんが話しかけると反応するように
栗本さんが話しかけると反応するように

 「お姉ちゃんになるよ~」と、先住猫のつぐみちゃんにと子猫を見せると、つぐみちゃんは1、2回「シャーッ」と言ったが、その後は「何かおるな」という感じだけで、特にケンカにはならなかった。

少しずつ慣れていく

 栗本さんは、子猫のこつむちゃんをケージの中に入れていたが、ある日、仕事から帰ると、ケージの外に出ていた。まだワクチンも済んでいなかったので、栗本さんはなんとかこつむちゃんを捕まえようとしたが捕まえられず、動物病院に相談した。1週間ほど経った頃、おやつを与えながら首根っこをつかむと大人しくなり、洗濯ネットに入れて動物病院に連れて行くことができたという。

「最初は、家の中にいても隠れてしまって、どこにいるのか分からないほどでした。トイレとごはんの量が増えただけで、猫が増えたという感じはあまりしませんでした」

つむぎちゃんとは姉妹のように仲良くなれた
つむぎちゃんとは姉妹のように仲良くなれた

 しかし、こつむちゃんは、先住猫のつむぎちゃんには、ぐいぐいと迫った。どんなに嫌がられても、「遊ぼう、遊ぼう」と近寄る。不妊手術をしてからは、つむぎちゃんにずっと寄り添った。

 その後、栗本さんが「こつむ」と名前を呼ぶと、反応して耳をピクピク動かすようになった。みんなが寝静まる頃になると、栗本さんの周りをうろうろするなど、少しずつ環境になじんでいった。

【関連記事】マンホールから子猫の声 消防も出動、「師匠」の技で救われた

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。