女子3人からモテモテの猫のジャッキー 僕は激しくジェラシー

 ジャッキーはイケメンだ。多くの猫を飼ってきた妻も「ジャッキーは、何か胸がキュンとなる」と、まるで息子を溺愛(できあい)するようだ。娘2人も「なんで、こんなかわいいの?」とジャッキーに首ったけ。同じ男として、この家庭内地位の落差は、一体何なんだ……。僕はジャッキーに激しくジェラシーを抱くのであった。

(末尾に写真特集があります)

不細工な赤ちゃん猫だった

 このコラムの初回で書いたが、ジャッキーは、妻(53)が運転中に道路でたまたま拾った猫だ。2015年8月のことだった。妻がそこを通らなかったら、おそらく車にひかれて、亡くなっていた可能性が高い。そんな「運命の出会い」をした猫だった。今でも妻は「天から降ってきた贈り物だね」とよく言う。たしかにその通りだと思う。

 拾った当時は、まさに赤ちゃんで、片手にスッポリ入る大きさだった。体は黒っぽい、しましま模様の「キジトラ白」。妻も僕も、正直第一印象は「汚くて、不細工な猫だなあ」だった。そんな印象が、ここまで変わるとは……。

飼って間もないころのジャッキー
飼って間もないころのジャッキー

ジャッキーの登場に歓声!

 ジャッキーは、基本穏やかな性格だ。弟猫のきなこと違って、あまり自己主張をしない。皿に入れたエサも、きなこに譲ってしまう。大好物の「CIAOちゅ~る」と海苔(のり)の時だけは、きなこを押しのけて食べているが。

 妻と娘2人のジャッキーへの愛情はすさまじい。とにかく母性本能をくすぐるようなのだ。自宅奥の和室に隠れていたジャッキーが、さっそうとリビングに出てくると、歓声がおきる。

「お~、ジャッキー~~!」
「ジャキやま・ジャキお選手の登場です!」……。

 まるで、プロ野球の人気選手が打席に立つときのようだ。一方、きなこが出てきても、「あ、きなこだ」と言うだけ。僕なんて、会社から帰ってきても、みんな無言なのに……。猫にジェラシーを抱くのも大人げないが、僕はジャッキーに嫉妬してしまう。きなこも、きっと同じ気持ちだろう。

 でも、こればっかりは、しょうがない。ジャッキーがそれだけ魅力的なのだから。言葉でうまく表現できないのだが、同性の僕から見ても、父性本能(?)をくすぐる。何かギュッと抱っこしたくなってしまう。これが人間だったら、どれだけモテるのだろう、と心配になってしまう。

バルコニーでひなたぼっこしていても、絵になるジャッキー
バルコニーでひなたぼっこしていても、絵になるジャッキー

女子の心をわしづかみする 胸キュンポイント

 ジャッキーの得意技のひとつに、「返事をすること」がある。「イケメンだね~」「ジャッキーは、天から降ってきたんだよね~」などと声をかけると、小さなかわいい声で「ニャッ」と鳴くのである。返事をしている意識があるかは不明だが、ここでも家族一同胸キュンしてしまう。「う~ん、そうなの~」と相づちを打つと、また「ニャッ」と言ってくれる。ちゃんと会話が続くのである。

 もうひとつの得意技は「お尻上げ」だ。背中をさすると、みるみるお尻が上がって来る。下がった頭からお尻に向かい、急勾配の坂ができるのだ。なんで、こうなるのだろう? まあ、でも面白いから、いいか……。ついついジャッキーの背中をさすってしまう僕であった。

「銀ボール捕り」も大好きである。僕らがアルミホイルを丸めた「銀ボール」を投げると、ターッと走って、口にくわえて戻ってくる。銀ボールを得意げにくわえ、「タッタッタッ」と軽快に歩く姿が、何ともけなげでかわいらしい(動画参照)。ここも胸キュンポイントだろう。

パパの前でもその笑顔を見せて欲しい

 女子3人の中でも、長女(22)の溺愛ぶりは半端ない。今年4月から看護師として病院で働いているのだが、今年2月の国家試験を控えてピリピリしていたときも、ジャッキーが癒やしてくれた。今も新型コロナウイルスのことなどもあり、ストレスフルな職場だが、ジャッキーの存在に助けられている。

 家に帰り手を洗うと、まず「ジャキやま・ジャキお選手は?」と言って、リビングのソファ下などを探す。見つけると抱っこし、顔を埋める。「あ~、かわいすぎる。ジャッキーいなくなったら、どうしよう~」「も~かわいすぎて罪~」などと言いながら。

 職場の近くに、一人暮らしをすることも考えたが、「ジャッキーと離れるのはムリ!」と言って、今も自宅から約1時間半かけて通勤している。長女曰く、「ジャッキーがいないと、仕事の疲れは癒やせない」そうだ。

次女にもてあそばれるジャッキー
次女にもてあそばれるジャッキー

 妻も次女(16)も、それぞれのかわいがり方で、ジャッキーに接している。女子3人がそろって、ジャッキーの体に顔を埋めることも。ジャッキーを抱っこしているときの、女子たちの笑顔と言ったら……。

 こんな笑顔を、僕の前でもしてほしい。「パパの前でも、そういう顔してよ」と冗談交じりに言うと、妻や娘は「ムリ! それならジャッキーみたいにかっこよくなって」と言われるのがオチだ。悲しいが、現実を受け入れないと。

伸びるとなが〜いジャッキー
伸びるとなが〜いジャッキー

 ジャッキーの性格で「玉にきず」なのは、抱っこが嫌いということだ。僕ら家族にスリスリして「甘甘」はしてくるのだが、抱っこされ、しばらく経つと降りようとする。逆に妻は「そのすぐ手に入らない感じが、またかわいい~」とのたまう。

 あきらかに佐藤家の中心には、ジャッキーがいる。僕が冗談で「もしジャッキーがいなくなったらどうする?」と女子3人に聞くと、「死んじゃう」と答える。でも、きなこだって、いいところはたくさんあるぞ! 次回は、そんなきなこの魅力を紹介しよう。

【関連記事】スリムでイケメンな「ジャッキー」と 中年太りオジサン「きなこ」

佐藤陽
1967年生まれ。91年朝日新聞社入社。大分支局、生活部、横浜総局などを経て、文化くらし報道部(be編集部)記者。医療・介護問題に関心があり、超高齢化の現場を歩き続けてまとめた著書『日本で老いて死ぬということ』(朝日新聞出版)がある。近著は、様々な看取りのケースを取り上げた『看取りのプロに学ぶ 幸せな逝き方』(朝日新聞出版)。妻と娘2人、オス猫2匹と暮らす。妻はK-POPにハマり、看護師と高校生の娘たちも反抗期。慕ってくれるのは猫の「ジャッキー」と「きなこ」だけ。そんな日々を綴ります。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
日だまり猫通信
イケメンのオス猫2匹と妻子と暮らす朝日新聞の佐藤陽記者が、猫好き一家の歴史をふりかえりながら、日々のできごとをつづります。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。