スリムでイケメンな「ジャッキー」と 中年太りオジサン「きなこ」

キャットタワーから、下を見るジャッキーときなこ
キャットタワーから、下を見るジャッキーときなこ

 兄猫ジャッキーと弟猫きなこのふるまいは正反対だ。スリムでイケメンなジャッキーに、まるで中年太りのオジサンのようなきなこ。そんな2匹の対照的な日常とは――。

(末尾に写真特集があります)

オジサン同士、つい共感

 まず、違うのは体形とルックス。ジャッキーはスリムで、人間でいうと「筋肉質のイケメン」なのに対し、きなこはずんぐりしていて、どちらかというと「飲み過ぎ中年太りのオジサン」。

 ジャッキーは、家族以外のだれから見てもイケメンらしい。妻と娘2人の気持ちは、どうしてもジャッキーにいってしまう。朝起きると、娘たちがまず様子を見に行くのは、ジャッキーだ。「かっこよくてスリムな男」に恋をする女心を考えれば当然か。

 僕は、あまり相手にされない(?)きなこの気持ちがよくわかるので、気にかけるようにしている。そのせいか、僕が家に帰ると、きなこがリビングルームの扉越しに「ホワ~ン、ホワ~ン」と鳴き続ける。

 エサを要求する相手も、僕が多い。妻がエサをあげた後でも、きなこは「こいつなら、エサをくれるだろう」と思うのか。異常にスリスリしてくる。そのことを知らない僕は、まるで「まだ、何ももらってないよー」と訴えるポーカーフェイスのきなこに、だまされてエサをやってしまう。

「パパ、エサちょうだいニャ~」。このつぶらな目で見つめられると、ついエサをあげてしまう
「パパ、エサちょうだいニャ~」。このつぶらな目で見つめられると、ついエサをあげてしまう

 一杯食わされてしまう僕は、きなこの健康を考慮して、最近は必ず妻に確認をしてからあげるようにしているが、ついつい「もらってないよ」のかわいい顔にだまされそうになる。

 なんだか「オジサン」同士で共感し合っている感じもする。妻と娘2人に相手にされない僕ときなこ、お互いに傷をなめ合っているのかも知れない。

 オスのきなこだが、意外と「男好き」である。じつはきなこの兄弟が、会社の先輩(60代前半)の家にいる。名前は「桃太郎」。桃太郎も、奥さんではなくその先輩にとてもなついているそうだ。寝るときもずっと一緒で、奥さんがうらやむほどだという。きなこの家系は、男性になつく習性があるのかも、と勝手に想像してしまう。

娘たちに遊ばれるきなこ。なんかどんくさいところが、また可愛い
娘たちに遊ばれるきなこ。なんかどんくさいところが、また可愛い

きなこの執着心は、感心するほどすごい

 さて、話を戻そう。歩き方も2匹は違う。ジャッキーは、さっそうときれいに歩く。まるでファッションショーに出演するモデルのように。一方のきなこは、音にすればドスンドスンとゆっくり踏みしめるように歩く。妻や娘たちも「きなこの歩き方には貫禄があるね」と、いつも笑っている。

 運動神経もジャッキーは抜群だ。アルミホイルを丸めて作った銀ボールを投げると、ダッシュして口にくわえ、得意げに戻ってくる。猫じゃらしでじゃらすと、ポーンと1.5メートルぐらいはジャンプする。 

 でも、きなこは銀ボールにはまったくの無関心。猫じゃらしにいたっては、体を動かさず手で追える範囲ならば、とりあえずじゃれてみるというありさまだ。

 いつもの定位置は、キッチン横のエサのお皿の前と決まっている。空のお皿の横に、ひたすら座り続け、通りかかる家族を見つめては「まだもらってないよ」と目で訴えかけてくる。

 とにかく余計な動きはせず、エサをもらうことだけを考えている。長いと3~4時間ずっと座り続けていることもある。妻と「これだけの執着心を見習いたいほどだ」と半ばあきれ、半ば感心している。それ以外にいるとすれば、食卓の下で、おなかを出して仰向けに寝ていることが多い。まさに「食っちゃ寝」生活。うらやましい!

食卓の下で、おなかを出し寝転ぶきなこ。ポッコリしたおなかが、何ともかわいい?
食卓の下で、おなかを出し寝転ぶきなこ。ポッコリしたおなかが、何ともかわいい?

 猫は夜行性なので夜中に2匹で「戦いごっこ」が始まることがある。そのときも、ジャッキーの動きはきびんで、きなこは防戦一方だ。ジャッキーは、いったんソファの上にジャンプして、勢いをつけてきなこに飛びかかるなど、様々な技を駆使するが、きなこはすぐに仰向けになっておなかを出して「はい、降参!」。ジャッキーの勝利に終わる。

 あー、きなこ、もっと頑張れ! 僕は、ますます「きなこ愛」が大きくなる。

バルコニーの手すりに乗って、ひなたぼっこをするイケメンのジャッキー
バルコニーの手すりに乗って、ひなたぼっこをするイケメンのジャッキー

 というわけで、僕以外の佐藤家の女子3人は、かっこいいジャッキーの大ファン。僕もうらやむほどのモテモテぶりだ。そんなモテモテぶりを、次回コラムで紹介しよう。

【関連記事】猫にもやっぱり「好み」がある 2匹と家族4人の微妙な関係

佐藤陽
1967年生まれ。91年朝日新聞社入社。大分支局、生活部、横浜総局などを経て、文化くらし報道部(be編集部)記者。医療・介護問題に関心があり、超高齢化の現場を歩き続けてまとめた著書『日本で老いて死ぬということ』(朝日新聞出版)がある。妻と娘2人、オス猫2匹と暮らす。妻はK-POPにハマり、看護師と高校生の娘たちも反抗期。慕ってくれるのは猫の「ジャッキー」と「きなこ」だけ。そんな日々を綴ります。

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
日だまり猫通信
イケメンのオス猫2匹と妻子と暮らす朝日新聞の佐藤陽記者が、猫好き一家の歴史をふりかえりながら、日々のできごとをつづります。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。