保護した子猫とさようなら やっぱ、猫じゃけぇ(35)

 子猫は急に体調が悪くなったり亡くなったりすることはよくある、と聞いてはいたけど、こんなに急にお別れが来るの?と今でも信じられず悲しい気持ちでいっぱいです。
 野良猫として生まれてきて、嬉しかったこと楽しかったことあるのかな?と思うけど、隣の奥さんが保護してきてくれてからの3日間、常に気を配られ、愛されていました。
 ご飯そっちのけで人に甘えていたこの子、どうか次産まれてくる時は野良猫としては生まれてこないで、と神様に祈る気持ちです。
 私は、これからこの子のように大きくなれなかった悲しい子、厳しい環境の中亡くなる子が増えないように、出来る限りの保護活動の支援をして行こうと思います。

<< 前回「 猫らのチョイスは永遠のナゾ」       次回「猫がキュウリを見ると…」 >>

【関連記事】 元気のない子猫を見つけた 助けるにはどんな方法があるの?

大盛のぞみ
中太りひきこもり系主婦。漫画をInstagramに投稿するのが趣味。好きなものは脂と猫。嫌いなものは運動と努力。赤子系旦那と子供2人、猫3匹の7人家族です。

sippoのおすすめ企画

「めざせ20歳!」大人気!服部先生のsippo猫塾、5月スタート

「猫の食事」、「老猫の看取り」などの厳選されたテーマを、「東京猫医療センター」院長の服部幸獣医師から毎月1回、東京・築地で学びます。愛猫が20歳まで生きることを目指して、飼い主として何ができるのか、ぜひこの機会に学んでみませんか。

この特集について
やっぱ、猫じゃけぇ
意識低い系主婦による猫マンガ。三度の飯と同じくらい猫が好き。そんな気持ちを毎週部屋の隅っこからぶつけます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。