「みんなイヌ、みんなネコ」、新宿で開幕 初日から大盛況

 保護犬や保護猫のかわいらしさを知ってもらおうと、毎年開催されているチャリティーイベント「みんなイヌ、みんなネコ」が8月15日、東京・新宿の京王百貨店で開幕しました。今年は18日まで4日間、大譲渡会があり、計300匹以上の保護猫・保護犬が紹介されるほか、人気のマンガ「夜廻り猫」の作品展も開かれるなど、内容を大きく拡充。開場とともに多くの来場者が詰めかけました。

「みんなイヌ、みんなネコ」は、sippoが2016年から開催している同名の写真展を中心に展開したもの。多くの人に保護犬や保護猫の存在を知ってもらい、保護犬や保護猫を譲り受けて飼うことを普通のこととして普及させて、不幸な犬・猫を減らしたいという願いを込めて企画しました。

 今年も写真展では、インスタグラムで評判の元保護犬や元保護猫100匹の写真を展示しています。写真は飼い主さんが撮影したもので、どれも飼い主にだけ見せる穏やかで幸せそうな表情をしています。それぞれの写真には、出会いのエピソードなど、飼い主さんのメッセージを添えています。

 夫婦で来場した町田市の会社員、佐々木誠さん(59)は犬3匹と暮らす愛犬家。「どの写真にも、ものすごい愛情を感じます。それぞれ過去があるから、懐いてくれると、その分愛情も深まるんでしょうね」と話してくれました。

 横浜市の美容師、山根和枝さん(49)は「サン太」の写真に見入っていました。「大けがをして保護された猫で、『ねこけん』さんのブログで見て知っていました。元気になって家族に迎えられたんですね。それがうれしくて」と声を弾ませました。

 さらに今年は、写真展の内容をそのまま書籍化した写真集「みんなイヌ、みんなネコ」(パイ インターナショナル発行、税別1300円)も作られ、会場では書店より早く先行発売されています。また、この場でしか手に入らないようなレアな犬猫グッズも多数販売されており、売上の一部は動物保護団体に寄付されます。

 イベントは19日まで(10時~20時、19日は18時まで)。入場無料。譲渡会の入場には、会場で10時から配布する整理券が必要になります。

【イベント詳細】
イベント「みんなイヌ、みんなネコ」 8月、新宿・京王百貨店で

【チャリティーイベント「みんなイヌ、みんなネコ」レポート】
4日間で300匹以上の保護猫を紹介 新宿の百貨店で譲渡会
浅田美代子さんらトークショー 「保護犬、保護猫を迎え入れて」
漫画『夜廻り猫』の深谷さんトークショー 作品の裏話あかす
「福島の犬猫放っておけなかった」 山路さんと大網さんがトーク
保護犬・猫のガールズトーク 少女たちが大人にずばり注文

sippo
sippo編集部が独自取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!