手加減なくかみつく幼猫・梵天丸に、「悪さしたら無視」作戦

わんぱくで叱られてばかりのころ。それでもめげずに腕に抱き着いてきます
わんぱくで叱られてばかりのころ。それでもめげずに腕に抱き着いてきます

 三重県で出会ってしまった梵天丸。初めての保護猫との生活は、まさに波乱の幕開けとなりました。

幼猫期は「飼い主傷だらけ期」

「2か月間は隔離して飼育してくださいね」

 かかりつけの獣医さんに言われた私たち。当時住んでいた家のリビングが、木製パーテーションで仕切れるようになっていたのが幸いでした。

 ノミとりシャンプーしてもらって、白いところはちゃんと白くなって、ほかほかと良い香りをさせながら帰宅。お鼻と肉球はツヤツヤのピンク。無事なほうの目は金色の奥に深い緑が見えて、ほんとにきれい。もう親バカ全開です。

 が、幼いオス猫がそんなメルヘンな存在であるはずがありません。部屋にひとりにしておくと、

「あぁぁーーーぉう! うなぁぁぁぁう!」

 わかったわかったわかったわかった! 部屋へはいると、気配なし。

「???」と思っていると。わーーーーーっ!

 両手両足を大の字にして、両手両足の5本指を全部「しぱっ!」と開いて、どこからともなくとびかかってきます。

「なっ……?」

 トレーナーといわずフリースといわず、細い爪でしっかととびついて宙ぶらりん。なんとか引きはがそうとすると、今度はその手にがっつりと食らいつきます。食い込む爪と歯の細くて痛いこと!

「イタタタタタタ! こらっ!」

 大きな声で叱ってみても、面白がってますます興奮するばかり。

「梵っ! ばかたれ!」

 ようやく自分の手を取り戻すと、肘から手首まで20㎝はあろうかというひっかき傷。手の平からは流血。

「あんたねぇ…!」

 ごはん、ごはん、とやたらと騒ぎ、お腹がいっぱいなると抱っこをせがむ。気が向くと手加減なしの奇襲攻撃。こんな日々が一週間ほど続きました。「こんなに乱暴な子猫は初めてだわ」。ため息をついて、ふと思い出しました。

 今までにも生後3か月のころから飼い始めた子たちはいました。確かにやんちゃではあったけど、これほどのことはなかった。「そうか。あの子たちは兄妹でうちへ来て、一緒に遊んで育ったんだ」。梵天丸はこれから当分の間、一人っ子生活。体当たりで遊ぶ相手もいなければ、相手への気遣いを学ぶ機会もないということです。

「つまり私たちが親きょうだいのかわりをやれってことね」

 ならば、と本格的に腹をくくることにしました。

とにかく抱っこが好き。あまりにも仕事にならないので、フリースのマフラーをスリングに
とにかく抱っこが好き。あまりにも仕事にならないので、フリースのマフラーをスリングに

一番こたえるのは「無視」

 とびかかられたとき。手加減なしにかみつかれたとき。最初は怒鳴ってみたり、叩くふりをしたり、首根っこを押さえてみたりしましたが、どれもあまり効果ありません。むしろ私を怖がるようになり、それでいて奇襲は収まりません。

 これじゃだめだ。そこで思い出したのが、「愛情の反対は憎しみではなく無関心」という言葉(おおげさな……)。

 そう。人間、無視されることほど辛いことはありません(いや、猫だけど……)。

 そこで試しに「悪さをしたら無視」という作戦に出ることに。

 かまれそうになったら、がっと猫の身体を引き離して、ぽいっ、と床におろします。再びとびかかろうと目をキラキラさせていますが、ぷいっと背中をむけて目も合わせず。襲われたら床にぽいっ、の繰り返し。決して乱暴にはしない。声もかけず。笑顔もなし。猫などいないかのようにふるまいます。

 何度か繰り返すうち、どうも様子がおかしいと感じたようです。

「むーぅ…?」

 力なく鳴いて、なんとか私の視界に入ろうと回り込んできます。目が合うと、瞳がきらーん。「よし、遊びの続きだにゃ!」と思ったのでしょう。とびかかろうと腰を落とした瞬間、こちらはふいっ、と視線を外します。

「なーっ。なーっ」

 よちよちと必死でついてきます。抱き上げてあげたいけど、我慢我慢。ソファに座って本を読み始めたら、膝に飛び乗ってきました。払いのけもしませんが、抱っこもしません。やがて指を狙ってかみつこうとして…やめたのです! 小さく香箱を組み、私の手首にアゴを乗せ、上目遣いでこちらをうかがっています。

「えらいね。噛まなかったね。怒ってないよ」。安心させるためにそっと頭をなでます。

 やった! 許してもらえた! と、ふたたび指にくらいつきますがその瞬間、視線をはずして笑顔を消すと、ぴたっ、と動きが止まりました。そしてそのまま、そーっと甘噛みしてこちらの顔を伺います。

「よしよし。そのぐらいなら噛んでいいよ」。頭をなでてやると、安心したようにのどを鳴らします。

 心を鬼にしたつもりの「無視作戦」。実にあっけなく、半日で功を奏して終わりました。

浅野裕見子
フリーライター・編集者。大手情報出版社から専門雑誌副編集長などを経て、フリーランスに。インタビュー記事やノンフィクションを得意とする。子供のころからの大の猫好き。現在は保護猫ばかり6匹とヒト科の夫と暮らしている。AERAや週刊朝日、NyAERAなどに執筆中。

sippoのおすすめ企画

sippo猫塾の参加者募集!服部幸先生にじっくり学ぶ6回講座

猫のために絶対に知っておきたい知識を、猫専門病院「東京猫医療センター」院長の服部幸獣医師にじっくり学びましょう

この特集について
毎日が猫曜日
猫と暮らし始めて、気が付けば40年! 保護猫ばかり6匹と暮らすライターの、まさに「カオス」な日々。猫たちとの思い出などをご紹介します!
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。