救出され、甘えん坊だった保護猫 家族を支える存在に

 不妊手術をせずに猫を飼っていると、猫はまたたく間に増えてしまう。そんな中から救出された、甘えん坊なキジトラ猫は、家族を支えるほどの存在として、新しい家にとけ込んでいた。

(末尾に写真特集があります)

「くまくん」は、保健所を経て、保護団体「ワンハート大阪」にやって来た。詳しい事情は分からないが、高齢者が不妊手術をしないまま猫を飼っていて、多頭飼育が崩壊し、救出されたのだという。猫は10匹以上いて、糞尿まみれだったそうだ。

 くまくんを含む4匹は、同じ預かりボランティア宅に引き取られた。当時、推定2歳だったという。それぞれ個性豊かだったが、くまくんは、おもちゃで遊ぶ時、誰よりも高くジャンプしようとするアクティブ派。そして一番の甘えん坊だったそうだ。

カーテンレールも平気
カーテンレールも平気

1匹の生活になって変化

 大阪府に住むAさんは、実家で猫を飼っていた。結婚して大阪に来てからも、長居公園に地域猫を見に行くほど猫が好きだった。夫妻は猫を飼いたいと思い、保護猫を引き取ることを考えたという。

 2017年3月、夫婦でワンハート大阪の譲渡会に参加した。くまくんに決めたのは、膝の上に乗ってきて、目が合った瞬間に「かわいい!」と思ったからだという。くまくんは推定4歳の時、Aさん宅にやって来た。

「ワンハート大阪さんは、困ったことがあるとLINEで相談に乗ってくれるんです。実はくまくんは、預かりさん宅ではキャットフードを食べていたのに、うちにきてから食べなくなってしまったんです。譲渡してもらった時に、預りさんが茹でて持ってきてくれた鶏のささみだけは食べてくれたので、1週間程ささみで様子をみると、慣れた頃にキャットフードも食べてくれるようになりました」

 くまくんは保護されていた2年間、他の猫たちと預かりボランティア宅にいたため、1匹になって寂しかったのか、最初は夜鳴きもした。1カ月ほどで治まったが、やはり甘えん坊で、トイレに行く時も、2階に行く時も、いつもついて回るという。

爪とぎではなく、温泉でひなたぼっこ中
爪とぎではなく、温泉でひなたぼっこ中

頼れる存在に

 そんな甘えん坊のくまくんが、支えになる時があった。
Aさんの夫が長期の海外出張に出た時に、Aさんは体調を崩してしまった。くまくんを連れて、夫の実家のマンションに行って養生したそうだ。環境が変わることで、くまくんがどうなるのか心配だったが、くまくんはずっとそばにいて、話を聞いてくれたという。

 当時のことを思い出すと、いまもAさんは涙してしまうという。こうして、くまくんはかけがえのない家族の一員になっていった。

ワンハート大阪
家族の一員として大切にされる存在な一方、営利目的で産み落とされ、身勝手な飼主の都合で捨てられる犬や猫。行政の処分所へ持ち込まれ、死を待つことしか与えられず、虐待されても物言えぬ彼ら。
この悪循環を作り出しているのも人間ですが、その悪循環にストップをかけられるのも人間です。ワンハート大阪は、一匹でも多くの命を守り、その命が尽きる最期に「ありがとう」を伝え、あの子達に「ありがとう」と言ってもらえる活動を目指しています。
ホームページ
ブログ
渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。