大きくなった子猫に、ついに去勢手術 飼い主の不安をよそに…

触診してもらうはっぴー「うっ、ちょっと、僕に何してるのさ」(こちらの先生は動物を緊張させぬよう診察室で白衣を着ていない)
触診してもらうはっぴー「うっ、ちょっと、僕に何してるのさ」(こちらの先生は動物を緊張させぬよう診察室で白衣を着ていない)

 猫の避妊・去勢は大事な問題。メスは発情期に独特な声で鳴いて、オスは縄張りを示すマーキングをする。猫を増やさないためにも、病気を防ぐためにも必要なこと……。子猫の時に我が家で引き取った「はっぴー」も、ついにその時を迎えた。

 

    ◇    ◇

 

「4兄妹のうちで、(避妊・去勢)手術をしていないのは、お宅だけです。『はっぴー』さんもなるべく早くしてください!」


 10月、日本動物愛護協会のスタッフからメールが届いた。魚屋の屋根裏で生まれて、天井から転がり落ちてきた「はっぴー」も、間もなく生後半年(人の11歳~12歳に相当)、少年期にさしかかる。


 “避妊・去勢をして、マイクロチップを入れる”というのは、譲り受ける時の「条件」で、サインもしていた。最近は生後2~3カ月の子猫でも問題なく避妊・去勢手術ができると聞いていたが、踏み出せずにいた。今まで自分が飼った猫はメスばかりで、皆、生後半年経ってから避妊手術を受けていた。オスを飼うのは初めてだが、そんなに小さいうちに“もの”を取ってしまって、周囲の機能に影響がないだろうか……。

 

「お手柔らかにお願いします」
「お手柔らかにお願いします」

 先住猫イヌオを診てもらっている動物病院に相談にいくと、「成長具合にもよるが、当病院では生後8か月位までふつう去勢はしません」という。先生によって、考えはまちまちのようだ。


 11月になると、「はっぴー」は身体がぐーんと大きくなり、下半身もしっかりしてきた。スプレー行為が始まっては大変だと思い、再び動物病院に相談にいった。


「体重はどのくらいですか?」


「3キロくらいになりました」


「けっこうありますね。それなら来週くらいに連れてきてください。念のため、前日に血液検査をして、問題がなければ手術しましょうか」


「はい」と答えながら少しどきどきする。以前、脳に少し問題のある愛猫が避妊手術をした際、麻酔からなかなか醒めなかったので、私は少しナーバスになっていた。


 血液検査と手術の予約をして、その日を待った。


「はっぴー」は、ボランティア宅で過ごした生後3カ月までの間に、ワクチンを2回打ち、駆虫も何度かしていたので、動物病院に行った経験はあるが、私と行くのは初めてだ。


 新品のキャリーバッグに入れながら、家にいる時みたいに暴れないでね、と祈った。


 計量器付きの診察台に載せるや否や、先生が驚いたように目を丸くした。

 

麻酔の前、検査のための採血中「今度は足をいじってるのか」と少し余裕の表情
麻酔の前、検査のための採血中「今度は足をいじってるのか」と少し余裕の表情

「3キロどころか、4キロ近いですよ。生後半年ですよね」


「はい。5月生まれですから」


「大きいな。この調子でおとなになると、10キロ近くになるかもしれない」


「本当ですか?」


 そんな会話が交わされるなか、触診をして血液を採った。結果は良好で、翌日の午前中に病院に預けて、その足で仕事に向かった。メスはお腹を切るので大抵一泊するが、オスは日帰りだ。それでも、そわそわした。


 夕方「無事終わりました。麻酔から覚めてお座りしています」という電話をもらい、病院に迎えにいくと、エリザベスカラーをして、きょとんとしている「はっぴー」がいた。


「これです」と先生がまじめな顔で、“取ったばかりのもの”を見せてくれた。そういえば、ペットの“タマ供養”があると知人が言っていたな……。じっと見入る私の耳に、意外な言葉が入ってきた。


「この猫は本当に静かですね。麻酔の注射の時もおとなしくて、スタッフ皆で感心しました」


 眼が飛び出るほど驚いた。暴れん坊の「はっぴー」が、おとなしい? もしかしてこれを機に、家でも静かにしてくれるだろうか? ちなみに糸は吸収されるタイプで、数日はエリザベスカラーをして過ごさないとならない。


 あれこれ考えながら、家に帰り、キャリーバッグから「はっぴー」を出した。その途端、バタバタとすごい勢いで首を振り、エリザベスカラーを外してしまった。そして、ウワーッと部屋中を走り回った。

 

去勢手術を終え、ひとしきり家で暴れた後、ハンモックで放心中「で、何が起きたんだっけ」
去勢手術を終え、ひとしきり家で暴れた後、ハンモックで放心中「で、何が起きたんだっけ」

「ダメーッ、待ってー! 静かにして! カラーもしていて!」


 やはり、まだまだ手がかかりそうだ。とりあえず、今後の目標は太らないこと。


 がんばろう、“生まれ変わった”「はっぴー」君!

藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は17歳の黒猫イヌオと、3歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
ねこ飼い日記
古い魚屋の天井が崩れ、落ちてきた子猫「はっぴー」。その成長と、引き取った筆者との生活ぶりを同時進行でつづっています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。