「ニャオーン!」 自己主張する猫みたいに、生きてみたい!?

膝に乗るあんず。女の子の座り方じゃないよね…
膝に乗るあんず。女の子の座り方じゃないよね…

「あら、いたの?」といった具合の控えめな猫、子犬のように自己アピールする猫。我が家には、この両タイプの猫がいます。

 

 キジトラ猫のモモは、ビビりで大人しく、冬場はこたつにこもりがちで、昼間は特に動かないので、存在を消しているのか? というほど、とっても静か。

 

 水を飲みに行くときも足音を立てずに歩き、伸びをするにも物音ひとつ立てません。

 

「モモちゃん、起きたの?」

 

 と私が声をかけても、無言で場所をかえてくつろぎ、声を発するのはごはんの直前と、たまに甘えるとき、まれに風呂に入れられるときくらいです。

 

 一方、サビ猫のあんずは、ひとときも存在を消すことのない猫です。

 

 まず、ニワトリのように鳴き声で朝を知らせることから、あんずの一日は始まります。朝、といっても日の出ではなく、あんずが起きた時間が我が家にとっての朝となります。

 

 あんずは私を起こしてからも、えさを食べるまで、ずっと鳴き続けます。食べている最中はさすがに静かですが、食べると「ニャオ、ニャウオ~ン」と、食後の感想のような妙な鳴き方をして、“おなかいっぱいだー!”とばかりに、朝の弾丸ダッシュ。

 

 運動後は、トイレでもりもり出して、“トイレハイ”状態になり、またダッシュ。キャットタワーをドタバタと上り下りし、最終的に天辺で「ニャァァァー!!!」とライオンキングになり、さんざん暴れた後、ようやく窓際で日向ぼっこしながら眠りにつきます。

 

 朝っぱらから、自己主張がハンパない猫なのです。

 

 昼寝に入ったからといって、大人しくなると思ったら大間違い。少し経つとまた起きて、「ニャーーー」と長鳴き。“私、起きたよ!ねえ、ねえ、目覚めたの。だから、かまってよー!かまうべきでしょ、ここはーー!”とでも言っているかのよう。

 

 昼間はちょっとなでれば落ち着いて、私の腰元で“フミフミ”したあと、満足してまた寝ますが、夜は活発になるので、“もっと楽しいことして遊びたい!”とでも言いたげに、おもちゃの前にスタンバイ。こうなると、おもちゃで遊んでもらうまで、延々鳴き続けます。

 

 人間が電話をしているときも、あんずは自己主張してきます。電話をしているそばで「ニャーニャー」鳴いて、“何してるの?私もしゃべるー!”と主張。

 

 電話の相手が猫好きの人なら、あんずとおしゃべりも可能です。その場にいない電話の向こうの相手にも、自らの存在を主張するわけです。

 

 しかし猫なので、主張ばかりではなく、寝る時間もたっぷり必要です。あんずは人間がリビングにいると必ず、膝に乗ったり、ぴったりと密着して寝ようとします。寝るときですら、自らの存在を主張するのです。

 

 モモの場合は“そこにいたんだ”といった感じで、野良猫と接するような優しい関係なのですが、あんずの場合は“ここにいるよ!”とずっと言われているような密度の高い関係性です。

 

 あんずにとって人間は、楽しいことや、自分が満足できるものを提供してくれる存在だということを、信じて疑っていないのかもしれません。

 

 では、モモは家族ですら信じていないのか?というと、多少はそうなのかもしれませんが、それがモモにとっての自己防衛の形。

 

 どちらが猫として生きやすいのかわかりませんが、私から見ると、あんずのような生き方がうらやましく思えます。

 

 多少うるさがられても、自己主張して欲求を満たし、愛嬌たっぷりにふるまうことって、人間にとっても必要なことだよな……と教えられています。

 

 モモみたいに遠慮したり、静かに控えめに暮らすことも、もちろん悪くないのですが。猫と暮らしていると、猫みたいに、シンプルにものを考えたいなと思うことがしばしばあります。

 

(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。