猫をかぶっていた? 家になじんだ途端に、子猫が大暴れ!

「祭り中」のはっぴー
「祭り中」のはっぴー

 ドキドキのトライアル期間が終わり、無事に子猫「はっぴー」が正式譲渡された。家にも慣れて、年の差がある先住猫とも少しずつ距離が近づいて、よい感じ……と思いきや、試練が待ち受けていた。子猫が元気すぎて、先住猫と人が眠れない!

 

      ◇     ◇


「ずいぶん大きくなったね。雰囲気も変わってる」


 久しぶりに「はっぴー」に会った友人が驚いたように言った。トライアル以来、約一か月ぶりの再会だったが、変化は確かに大きかった。


「顔がしっかりしたでしょ?」


「というか、強そうになった」


 そうなのだ。「はっぴー」は、一緒に天井から落下して保護された兄妹の中でも一番小柄で、どこか弱々しい感じだったが、我が家に来てからの変貌ぶりはすごかった。よく食べて、体力がつくと同時に、動きも活発になった。

 

こんな時はホッとするけれど
こんな時はホッとするけれど

 ケージ越しに先住猫の「イヌオ」と触れ合うことも増えたので、トライアルの途中から2匹で過ごす時間を増やしていった。ごはんを並んで食べたり、自分の指をしゃぶりながらイヌオにもたれかったり。


 だが、「はっぴー」は予想外の動きもした。いったん“スイッチ”が入ると、制御できない。私もイヌオも唖然!


 覚醒したようにダーッと走り回り、勢いをつけて椅子から棚へと飛び上がり、棚の上の物をバンバン前足で落としていく。写真立て、本、時計……。


 落とすものがなくなると、イヌオに飛びかかって、首のあたりをガシガシ噛む。イヌオは「ヒーッ」と廊下に逃げていく。追いかけて廊下に出ても、バタバタ、バタバタが止まらない。

 

腕白「はっぴー」にイヌオもビックリ
腕白「はっぴー」にイヌオもビックリ

「子猫とはそんなもん」と友人にいわれたが、私が以前に飼った猫たちは、子どもの頃、ここまで激しくなかった。「はっぴー」が預けられていたボランティアに、念のために以前の様子を聞くと、「普通ですよ」という。


「きょうだいとよくじゃれあっていましたが、1匹だけ攻撃的ということもなかったし、むしろ元気なメスたちに押され気味な、控えめな頑張り屋さんというイメージでした」


 本性を隠しておとなしそうに見せることを“猫かぶり”というけれど、今では殻をやぶってスパークした感じだ。


 もっとも、こちらの年齢もあるのかもしれない。中高年の自分にとっては子どもというより、むしろ孫に近いかも。10歳を超えたイヌオにとってもそうだ。エネルギーに満ちた子猫を迎えるには、こちらにも相当な体力が必要になるのだと、あらためて感じることとなった。

 

お気に入りのハンモックですやすや
お気に入りのハンモックですやすや

 ひとしきり大暴れした「はっぴー」をケージに入れると、何事もなかったかのように、ハンモックで眠りはじめた。さっきは一瞬、悪魔にみえた顔が、また天使に戻っていた。

藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は17歳の黒猫イヌオと、3歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

この特集について
ねこ飼い日記
古い魚屋の天井が崩れ、落ちてきた子猫「はっぴー」。その成長と、引き取った筆者との生活ぶりを同時進行でつづっています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。