猫砂で「防災トイレ」 高校生が作ったら、文科大臣賞

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 神奈川県の小田原高校3年の井上七海さん(18)が災害発生時の簡易トイレの研究で、第64回全国高校家庭クラブ研究発表大会の文部科学大臣賞を受賞した。身近な尿とりパッドや猫砂の利用で、被災者の生活を守る方法を示し、最優秀賞に輝いた。

 

小田原高校3年の井上七海さん
小田原高校3年の井上七海さん

「防災グッズにトイレがない」。この母の言葉をきっかけに井上さんは市防災対策課を訪ね、災害発生時も住民に簡易トイレを配布する計画がないと知った。


 便器と便座の間にポリ袋をはさみ、市販の簡易トイレ、尿取りパッド、ペットシーツ、猫砂の4品を別々に入れ、水を流し込んだ。水の吸収量は市販トイレと尿取りパッドが多かった。パッドは尿2回用商品が、実際は4回使えると判明。尿1回分の費用は、パッドが市販品の約10分の1というデータを得た。


 この結果を昨年の夏休みの課題に提出したところ、評価が高く、今年8月の全国大会の審査のために研究を続けた。まず丸く切った段ボールを入れ、実験の袋が沈む難点を改善した。


 アンモニア水を入れ、臭いも調べた。猫砂は気体検知管で「アンモニア臭気が0」だった。消臭効果を高める必要がある場合、尿取りパッドに猫砂を併用する方法が有効とわかった。

 

実験で、ポリ袋の上に敷いた尿取りパッド=井上七海さん提供
実験で、ポリ袋の上に敷いた尿取りパッド=井上七海さん提供

 井上さんは「猫砂の消臭機能が高くびっくりした。身近な物が防災グッズの代用品になる。自分で自分の身を守る自助が大切だと伝えたかった」と話した。


 反町聡之校長は「井上さんは日常の中に課題を見つけ、ひたむきな探究心で解決策に取り組んできた。全校集会でも研究成果を発表し、生徒の防災意識の啓発に貢献した」と話した。


(村野英一)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。