玄関を開けたら、そこに猫がいる! 早く家に帰りたいわけ

何やらおしゃべりをしているあんず
何やらおしゃべりをしているあんず

 自宅に帰ったとき、ペットが大喜びで迎えてくれる姿を見るのが夢でした。

 

 犬は大抵しっぽを振って寄ってくるけど、猫はどうなんだろう? 少なくとも、しっぽは振らないだろうな、ということは飼う前から分かっていましたが……。

 

 猫を飼っている友人宅に行くと、よそ者に対してデリケートな猫は、私という突然の客人のせいで、大抵隠れて出てこないか、暴れるかのどちらか。なので、家人が帰ったとき、猫がどんな反応をするのか知る由もありませんでした。

 

 そして月日は流れ、“家に帰るとペット(猫)がいる生活”をついに手に入れた私。猫はというと、だいたい玄関に出迎えに来てくれます。

 

 2匹のうち、主に出迎えに来てくれるのは、活発なサビ柄・あんず。

 

 出迎えパターンのランキングはこんな感じです。

 

1位:玄関のドアを開けると、すでにいる。

 

2位:玄関のドアを開けると、すっ飛んで来る。

 

3位:玄関には出てこず、寝起きでぼーっとしたり、伸びたりしている。

 

 そう、ほとんど出迎えに来てくれるのです! 例え犬のようにしっぽを振ってくれなくても、飛びついてきてくれなくても、扉を開けたら、猫がいる……こっちを見ているだけだけど、そこにいる。この嬉しさったらありません。

 

 ちなみに、もう1匹の大人しいビビり猫モモは、1~2週間に1度、もしくは1泊以上帰らない日に出迎えに来てくれます。おそらく、モモの知らない外の世界に近い玄関は、恐ろしい出来事がある可能性が高い(?)ので、怖いからあまり行きたくないのでしょう。性格だから、仕方ない。

 

 うちの猫に関しては、犬のように「待ってたよー」という雰囲気は感じられませんが、「帰ってきたなら、遊んでもらおう、おやつをせがもう」というワクワク感は感じられます。

 

 なので、出迎えた後は、ほぼ100%の確率で“歓迎の爪とぎ”が始まり、ニャーニャーワーワー大騒ぎ。

 

 おやつをあげるか、遊んであげるまで、このお祭り騒ぎは続きます。

 

 ちなみに、極度にお腹がすいている場合、私は真っ先に食事にするので、食事の準備をしたり、食べている間の猫は「この時間は 遊んでくれない時間だ」ということが分かっているのか、大人しく待ち、食べ終わると、大騒ぎが再開します。(我ながら、いい子に育ってくれました)

 

 ニャーニャーワーワーするだけでなく、もう少し頑張れば、猫でも「おかえり!」くらい言えるんじゃないかと、ふと思うことさえあります。

 

 家に帰ったとき、電気がついていなくても、母が食事を作っていなくても、嫁が風呂を沸かして待っていなくても、猫がいるだけで、早く家に帰りたくなるものだと実感しています。

 

(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。