思い届かず? オス猫2匹と娘たちの微妙な関係「佐藤家の男女4人冬物語」

窓辺にいる猫
娘たちの寝室から外を眺めるジャッキー(左)ときなこ(右)

 兄猫ジャッキーと弟猫きなこはオス。佐藤家は娘2人。そこには、男子2人と女子2人の微妙な関係が……。今回は「佐藤家の男女4人冬物語」をお届けしよう。

(末尾に写真特集があります)

娘たちの猫愛

 看護師1年目の長女(23)は、どちらかというとジャッキーが好き。前にも書いたが、「可愛すぎて罪」「もさ~い」といつも言って、ジャッキーの毛の中に顔を埋めている。

 一方のジャッキーは、長女が苦手。ベタベタされるのが好きではない。長女が近づいていくと逃げていく。その姿を目で追う彼女の表情は、悲哀に満ちている。しかし調子のよいジャッキーは、妻が介護で長期不在の時には長女にすり寄っていく。ちゃんと生きていくすべが身についている。

 そんな長女も、きなこには関心が薄い。「あ、茶色いのが来た」と言って、軽くタッチ。ジャッキーと違い、きなこは餌以外のことには無関心。家族に愛嬌を見せることもあまりせず、ただただお腹いっぱい食べて、日が差し込む暖かい場所で気持ちよく寝られたらそれで幸せ。そんなきなこの幸せな寝顔を眺めるのが僕たち家族の幸せだから、それ以上は望んでいない。

 そして、高校2年の次女(17)はどうか? 次女は、ジャッキーときなこを平等に愛する感じだ。長女ほど、ベタベタもしない。どちらかというと、クールな性格。ジャッキーもきなこも次女といるほうが居心地よさそうだ。

寝る猫
ぼく、眠いニャー

なぜか次女の布団で寝たがる猫たち

 そんな2匹の面白い毎日の習慣がある。熟睡するときは妻の布団か居間のキャットタワーなのだが、それ以外の時は娘たちの子ども部屋(寝室兼勉強部屋)で過ごしたがる。

 居間の扉をジャッキーが開け、子ども部屋の前へ行く。きなこもそれに続く。そして「開けてくれー!」とばかりにニャーニャー鳴く。ジャッキーは扉を開けられるはずなのに、なぜか開けてもらえるまでひたすら雄叫びをあげる。それでも開けてもらえない時は仕方がなくジャッキーがドアのノブに飛びついて開ける。

 行先はベッドなのだが、なぜか2匹とも上の段の次女の布団の上。1匹は下の段で寝てもよさそうだ。上の方が暖かいから? とも思うが、きっとそれだけではないのだろう。時々1匹しかいないな、と思ってよく見ると次女の椅子の上に座っている。そこまで歴然とした差があると、さすがに長女がかわいそうになる。

次女のふとんの上でくつろぐジャッキー

 そんな子ども部屋への大移動で問題なのは、夜中にも構わず行われることだ。廊下でニャーニャー雄叫びをあげられ、みんな寝不足の日々が続いた。

 最近では寝る前に居間の扉の前にキャスターつきの台所のごみ箱を置いて、扉をあけなられないようにしている。賢いジャッキー、横に移動させれば良いんだ! と気づいていつ敢行するのか。ドキドキしながら眠りにつく毎日だ。

【関連記事】ベランダに生まれたての三毛猫の赤ちゃん 新婚時代の猫「チビ」との思い出

 

佐藤陽
1967年生まれ。91年朝日新聞社入社。大分支局、生活部、横浜総局などを経て、文化くらし報道部(be編集部)記者。医療・介護問題に関心があり、超高齢化の現場を歩き続けてまとめた著書『日本で老いて死ぬということ』(朝日新聞出版)がある。近著は、様々な看取りのケースを取り上げた『看取りのプロに学ぶ 幸せな逝き方』(朝日新聞出版)。妻と娘2人、オス猫2匹と暮らす。妻はK-POPにハマり、看護師と高校生の娘たちも反抗期。慕ってくれるのは猫の「ジャッキー」と「きなこ」だけ。そんな日々を綴ります。

sippoのおすすめ企画

【まなびばsippo】犬や猫の長生きのために必要な知識をオンラインで身につけませんか?

かかりやすい病気の予防法、しつけなどを月額制のオンライン講義で学べます。専門家に、日頃の疑問を直接質問できるライブ講義もあります。

この特集について
日だまり猫通信
イケメンのオス猫2匹と妻子と暮らす朝日新聞の佐藤陽記者が、猫好き一家の歴史をふりかえりながら、日々のできごとをつづります。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。