猫にもやっぱり「好み」がある 2匹と家族4人の微妙な関係

妻に抱っこされ、恍惚(?)の表情のジャッキー
妻に抱っこされ、恍惚(?)の表情のジャッキー

 猫と人間との関係は、微妙である。兄猫ジャッキーと弟猫きなこも、やっぱり「好み」があるようで、わが家の4人との距離感は、違う。人間同士と一緒で、「合う、合わない」があるのだろう。さて、猫2匹と家族4人の微妙な関係は――。

(末尾に写真特集があります)

 兄猫のジャッキーは断然、「妻派」だ。本コラムの1回目で紹介したように、「自分がこの人に救われた」ということが、何となくわかっているのかもしれない。

 妻(51)も、それにありったけの愛でこたえる。「どうしてこんなにかわいいんだろ? かわいすぎて罪~~」が口癖だ。今まで飼った猫とは違う、「どうしようもないかわいさ」があるのだという。弟猫きなこにエサなどを譲る、控えめな性格も、母性本能をくすぐるらしい。

 妻はジャッキーを抱っこし、彼のお腹に自分の顔を埋める。ジャッキーもまんざらではない表情。2人の相思相愛ぶりは、見ていてジェラシーを感じるほどだ。

兄弟で抱き合い夢の世界へ
兄弟で抱き合い夢の世界へ

 大学3年の長女(21)は、ジャッキーに片思い。ベタベタしすぎるせいか、やや引かれ気味。ストレートな愛情表現をする長女は、ジャッキーを何とか抱っこしようとする。時々、腕の中を飛び出し、逃げてしまう。長女は「ジャッキー~~、私の時は、なんで逃げちゃうの?」と悔しそうだ。妻に「あなた、しつこいからよ」と諭され、落ち込んでしまう。

 一方、弟猫のきなこは、どうか? こちらは、どちらかというと僕になついている。仕事から帰ると、リビングのガラス扉越しに「ニャーニャー」と泣き続ける。時に悲痛に聞こえるほどだ。「そこまで俺のことを慕ってくれるのか」と優越感に浸る瞬間でもある。

 リビングに入り、エサをあげようとすると、皿には既に「カリカリ」が入っている。「エサではなくて、僕自身を求めていたのか」。そう思うと、また優越感に浸ってしまう。

 妻や娘2人から「パパ、良かったね。家族で慕ってくれる人がいて!」と、いつもからかわれる。きなこに下から、つぶらな瞳でじっと見上げられると、たまらない気持ちになる。

 もちろんジャッキーに嫌われているわけではない。いすに足を組んで座っていると、必ず「ピョンコ」して、顔を足にスリスリして通り過ぎる。きなことはまた違う、おっとりしたかわいさがある。

娘2人で夕食をとっていると、ジャッキーが食卓へ飛び乗った
娘2人で夕食をとっていると、ジャッキーが食卓へ飛び乗った

 中学3年の次女(15)は、「全方位外交」だ。ジャッキーとも、きなことも、同じ距離感で接している。長女に比べると、クールな性格。あまりベタベタしないからか、2匹とも次女とは、良い距離感を保っているように見える。朝学校に遅刻しそうなときも、「あっ、ジャッキーときなこ、さわってない」と、タッチしてから走り去る。妻か僕に怒られたときは、寝そべったジャッキーかきなこを「枕」に顔を埋め、慰めてもらう。

 猫たちは、我々家族の潤滑油の役割を果たす。家族で時々けんかしても、スーッとジャッキーかきなこが通ると、その場の険悪な空気が和らぐ。わが家での僕の「地位」は、家族で6番目。妻を頂点に、長女と次女、ジャッキーときなこの次、だ。そしてこの「ヒエラルキー」こそが、佐藤家のささやかな平和を保つ秘訣なのかもしれない。

佐藤陽
1967年生まれ。91年朝日新聞社入社。大分支局、生活部、横浜総局などを経て、文化くらし報道部(be編集部)記者。医療・介護問題に関心があり、超高齢化の現場を歩き続けてまとめた著書『日本で老いて死ぬということ』(朝日新聞出版)がある。妻と娘2人、オス猫2匹と暮らす。妻はK-POPにハマり、大学生と中学生の娘たちも反抗期。慕ってくれるのは猫の「ジャッキー」と「きなこ」だけ。そんな日々を綴ります。
この特集について
日だまり猫通信
イケメンのオス猫2匹と妻子と暮らす朝日新聞の佐藤陽記者が、猫好き一家の歴史をふりかえりながら、日々のできごとをつづります。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。