カラスのいる公園に子猫が1匹 保護すると情が移り、家猫に

三毛猫
個性的な毛柄のゆずみ

 カラスのいる公園で、野良猫の子猫を保護した。だが、どの保護団体もいっぱいで、猫カフェにも受け入れてもらえなかった。保護主も一緒にいるうちに情が移り、結局自分で飼うことになった。

(末尾に写真特集があります)

カラスのいる公園で拾った子猫

 2018年5月、大阪市の黒門市場近くの公園に「子猫がいる」と聞き、栗本さんは探しに行った。最初は見つからなかったが、もう一度見に行くと、子猫が1匹でいた。ドロドロに汚れていて、母猫や兄弟は見当たらなかった。

 カラスも多い公園で子猫の命が危ない、放っておけない、と思った。だが、捕まえようとすると、子猫はどんどん後ずさる。あと2、3歩下がったら、もう捕まえられない。栗本さんは思い切って上から子猫をつかんで捕まえた。

 栗本さんは子猫を保護はしたが、譲渡するつもりだった。ひとまず自宅のあるシェアハウスの自転車置き場にケージを置いて子猫を入れさせてもらった。

 だが、夜泣きがひどく、他の住人の迷惑にもなるため、部屋の中に入れることにした。

 最初は「シャーシャー」言っていたが、3日目には大人しくなったという。病院に連れて行くと、汚れていただけで、健康に問題はなかった。先住猫たちは1回シャーっと言っただけで、見て見ぬふりをしているようだった。

猫の鉄板!袋の中大好き

保護団体はどこもいっぱいだった

 譲渡するつもりだったが、保護団体はどこも満員で受け入れてくれそうになかった。

「猫カフェも大変そうで、『譲渡会に連れて行ってもいいですか?』と尋ねるのが精いっぱいでした。そうこうしているうちに、月日が経って、手放せなくなったんです」

 結局、「ゆずみ」と名付けて、自分で飼うことにした。

 まだ子猫だった「ゆずみ」は留守中、ケージに入れていた。自宅に戻り、外に出すと、とたんにヤンチャぶりを発揮。それまで登れなかった所に登り、お姉ちゃん猫たちの行く所についていった。栗本さんは、そんな成長ぶりを見るのが楽しいと、幸せそうに微笑んだ。

子猫時代、安心しきって眠る

【関連記事】山に捨てられた黒猫の子猫 夫にすっかり懐き、心の傷も癒やす

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。