庭に通ってくる野良猫「スンスン」 少しずつ肉付きよく健康に

 雨が続いたあと、猫はしばらく姿を見せなかった。缶詰を持ってホワイトハウスのおじさんの部屋をノックする。

(末尾に写真特集があります)

返答にホッとする

「あの猫最近どうしてる?」「さっき来てごはん食べて出てったよ」。生きているとわかってホッとする。

 部屋の中にはダンボールが積み上げられていた。翌週、おじさんは本当に引っ越して行った。しばらくはホワイトハウスの前で猫が佇む姿を見かけた。やがて猫は本格的に我が家の庭へ通って来るようになった。

片腕だけグイっと腕まくりした柄

カーテンを開けると庭に

 猫は慢性鼻炎持ちで、餌の匂いがわからない。目の前に「ごはんだよ」と皿を置いてやれば、頭ごと突っ込んで食らいつく。食べながらクシャミをするので周囲に鼻水やいろいろが飛び散る。そこで古新聞を敷いてから缶詰を開けた。

  病院で鼻炎と眼炎に効く抗生物質を処方してもらい、膿んでいる鼻と目に繰り返し垂らした。口内の炎症を抑える粉薬もごはんに混ぜてやっているうちに、猫の健康状態は少しずつ良くなっていった。

 口元はがきデカのこまわり君に似ている
口元はがきデカのこまわり君に似ている

 朝、カーテンを開けると猫はたいてい庭で待っている。前脚を揃えて顔を上げ口をニャーの形に開けても、ファーというかすかな息の音しか聞こえない。喉を痛めているのか鳴き声を聞いたことはなかった。

 鼻炎のせいでいつも鼻をスンスンと鳴らしている。スンスン、と鼻息が聞こえて庭に来ていることに気がつくので、いつのまにか「スンスン」と呼ぶようになっていた。

人の気配があると小屋からニョキッと出てくる
人の気配があると小屋からニョキッと出てくる

 スンスンの気配がすると、家猫のくまは窓の近くへ様子を見にやってくる。2匹は威嚇し合うこともなく、窓を隔ててお互いの存在を認めているようだった。

段ボール小屋で眠る

 スンスンは窓や玄関の隙間を見つけては家の中へ入ろうとする。「ごめんね、くまに鼻炎がうつるかもしれないから、家にはあげられないんだよ」背中を撫でながら言い聞かせる。腰の辺りをトントンすると身悶えして喜び、「スンスン」という鼻息は水分を含んで「ズミズミ!」と大きくなった。

折れた右耳が愛らしい

 雨避けのトタン屋根の下に段ボールで小屋をつくると、そこで眠るようになった。薬が効いたのか安定した生活のせいか、スンスンは少しずつ肉づきが良くなっていった。

気持ち良さそうに目を閉じる

 暖かい日を待ち、ところどころ泥や膿で固まった全身をぬるま湯でほぐすように洗った。背中にそっとお湯をかけると、されるがままにじっとしている。

全身を洗って日なたで乾かす
全身を洗って日なたで乾かす

 ちょうど遊びに来ていた母が抱き抱えて耳の掃除をすると、気持ち良さそうに目を閉じている。実家の庭にも代わる代わるいろんな猫がやって来る。

 何度も野良猫を保護して新しい飼い主探しをしてきたから、母はスンスンのような猫の扱いにも慣れている。

女性のひざで耳掃除をされる野良猫
気持ちいいなあ ズミズミ

◆安彦さんの実家の庭に来る白猫アフとサブの物語を描いた写真集「庭猫」はこちら(アマゾンにとびます)

【前の回】ヨロヨロの野良猫「困ったらおいで」 すると翌朝わが家に現れた
【次の回】庭に通ってくる猫、飼っている人はいるの? 首輪に手紙をつけて尋ねると連絡が来た

安彦幸枝
写真家。泊昭雄氏に師事。著書に、庭に来る白猫アフとサブが主人公の物語「庭猫」(パイインターナショナル)、「荒汐部屋のすもうねこ」(平凡社)「どこへ行っても犬と猫」(KADOKAWA)「安彦家の窓辺の猫 カレンダー2020」ほか。猫以外には旅と食を得意とし、機内誌や旅雑誌、ガイドブックや書籍などの媒体を中心に活躍中。

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
家猫庭猫
 写真家の安彦幸枝さんが、一緒にすごした合わせて5匹の家猫と庭猫の物語をつづります。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。