ガリガリなゴールデンが町を放浪 犬好き一家で2倍に成長

微笑むゴールデンレトリーバー
見ている人も幸せになれる笑顔

 町の中を放浪していた、やせた大型犬ゴールデンレトリーバー。動物管理センターに収容された後、犬好きの一家に引き取られた。もりもり食べて、体重は2倍近く成長し、立派な犬になった。

(末尾に写真特集があります)

町を放浪していた大型犬

 兵庫県に住む西山さんは、ふゆちゃんという元保護犬を飼っていた。譲渡サイトを通じて譲渡してもらった犬で、他の犬が苦手な犬だった。

 2008年8月、ふゆちゃんと近所を散歩していると、ラブラドールレトリーバーのようなやせた大型犬がいて、後をついてきた。ふゆちゃんはうなっていたが、西山さんは、何かを訴えかけるように見つめる眼差しが気になって仕方がなかった。

眠るゴールデンレトリーバー
穏やかな寝顔にいやされる

 帰宅して家族に話すと、その犬のことを知っていると言い、前からうろうろしていると近所の人も言っていた。

 西山さん一家はみんな動物好きで放っておけず、家族で捕獲しようということになった。だが「一生懸命探したのですが、見つからず、誰かが保健所に通報して、連れていかれたようでした」。

収容され、譲渡へ

 西山さんは神戸市の動物管理センターに連絡した。センターには譲渡支援事業ボランティアグループの日本動物福祉協会CCクロ(通称:CCクロ)が協力している。収容犬の散歩や世話をしている団体だ。CCクロのサイトには、収容犬の写真が掲載されているが、西山さんが探していた犬も掲載された。

 収容された当初は遺失物扱いになるので、譲渡対象になるかどうかさえ分からない状況だった。やがて譲渡対象になったので、9月17日に譲渡してもらえることになった。

青空の下のゴールデンレトリーバー
爽やかな海風に吹かれて満面の笑み

「ガリガリにやせて、大型犬なのに体重は19キロくらいしかありませんでした。皮膚の状態も悪く、治療が必要かもしれないと言われました。まったく被毛に艶がなかったのでラブラドールだと思ったのですが、ゴールデンレトリーバーでした。まさかゴールデンが捨てられるなんて。そういう子でも捨てられるんだなあと思いました」

 ゴールデンは動物管理センターにいた時、「ビオラ」という名前をもらっていた。

「保護犬や保護猫を飼う時、飼い主が変わったからといって名前が変わるのはかわいそうな気がするんです。保護された時に生まれ変わったのだから、名前を変えず、ビオラと呼ぶことにしました」

2匹の大型犬
大型犬2匹並んで通せんぼ

 散歩に出かけると、「気にしていた」「見たことがある」と声をかけてくれる人がたくさんいた。みんな「よかったね!」と言ってくれたという。

 ビオラちゃんは当初、虐待体験があるのか、傘や長い棒を持っている人を見ると、とても怖がり、大きな声にも怯えていた。家になれると、もりもり食べて肉付きも良くなり、体重は36キロまで増えた。先住犬のふゆちゃんも最初は怒っているようだったが、徐々にビオラちゃんを受け入れていった。

【関連記事】 保護された元野犬「山田くん」 殺処分寸前に救出、穏やかな晩年

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。