「世界に1匹だけの犬」 雑種の子犬にこみ上げてきた愛おしさ

 四国にある寺で外飼いしていた秋田犬が知らぬ間に妊娠し、3匹の子犬が産まれた。寺では子犬までは飼えないと、生後まもない子犬たちはボランティアに託され、大阪の保護団体にやって来た。雑種の保護犬を望んだ家族に引き取られた。

(末尾に写真特集があります)

「犬らしい犬が好き」

 大阪に住む鮫島さん宅では、子どもが10歳の時に「犬を飼いたい」と言い出したという。犬を飼うのは楽しいけれど、大きな責任も伴う。家族で何度も話し合い、当時上映されていた「犬と私の10の約束」という映画も見に行った。犬を飼うにあたり、子どもとの間に、いくつか約束事をつくり、それを守れるなら飼ってもいいということにしたという。

 鮫島さんはインターネットで譲渡先を募集している犬を探し、「あいこのおうち」のブログで、3姉妹の子犬を見つけた。1匹は茶色い子で、2匹は白い犬だった。

「私は犬らしい犬が好きなんです。大きさも中型から大型の子がいいと思いました」

 3匹の子犬はどの子も可愛かったが、鮫島さんは、耳だけが茶色い、白い子犬ミルちゃんが気に入った。2009年2月、ミルちゃんに会うために譲渡会に足を運んだ。かつて子どもが小さな頃、泣き声を聞いただけで母乳が出ることもあったそうだが、初めてミルちゃんを抱っこすると、その時と似た愛おしい感覚がこみ上げてきたという。

「迷うことなく、『この子がいい』と希望しました。でも他にも希望者が何人かいて、無理かもしれないと思っていましたが……」

変わらぬ愛しさ

 ミルちゃんは希望通り、約10日後、鮫島さんの家にやって来た。

「ミルは3カ月半でした。最初は夜鳴きがひどくて、そのたびに主人が散歩に連れ出していました。子犬なので歯茎がかゆいらしく、柱をガジガジにかじりましたが、それも別に気になりませんでした」

 ただ、ミルちゃんを連れてドッグランに行くと、純血種の犬を連れている人から「雑種?」と言われるようなこともあったそうだ。だが、鮫島さんは「世界で1匹しかいない雑種」が好きだという。

「もっとたくさんの人に保護犬のことを知ってもらいたいですね」

 子犬だったミルちゃんも今では10歳。子犬の時と同じように愛おしく思う鮫島さんのもと、幸せに暮らしている。

【関連記事】 当たり前のように元保護犬・猫がいる家 穏やかな夫婦の暮らし

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!