淡路島の漁港生まれの子猫 勇猛果敢で、飼い主を気遣う優しさも

グレーの毛がなくなって真っ白な猫に
グレーの毛がなくなって真っ白な猫に

 淡路島からもらわれてきた白い子猫。小さいながらも勇猛果敢で、先住猫にももの怖じしなかった。人にベタベタ甘えることはないが、飼い主が落ち込むと、気遣うように寄り添ってくれる優しい猫になった。

(末尾に写真特集があります)

漁港で生まれた野良猫の子猫

 兵庫県・淡路島の漁港には、野良猫がたくさんいる。その一つ、丸山漁港で野良猫の子猫が見つかった。2017年6月、淡路島で猫の保護活動をしている「淡路ワンニャンクラブ」に連絡が入った。

 淡路ワンニャンクラブのボランティアが現地に行くと、母猫と5匹の子猫がいた。生後4週間くらいで、まだ母猫のお乳を飲んでいたという。母猫は黒猫で、子猫はキジ猫と黒猫、1匹だけ白猫がいた。

 子猫たちは保護して譲渡先を探すことになり、母猫は不妊手術を施してリリースした。

白猫への思い

 奈良県に住む上本さんは、当時3匹の猫を飼っていたが、もう1匹欲しいと思い、譲渡サイトを見ていた。丸山漁港で保護された子猫たちが紹介されていて、白猫のアニョちゃんの写真を一目見て気に入った。「めちゃくちゃ可愛くて」

譲渡先を募集していた頃、真ん中の白猫がむむちゃん
譲渡先を募集していた頃、真ん中の白猫がむむちゃん

 上本さんは7月、淡路島にアニョちゃんに会いに行くと、ほかにも子猫が10匹ほどいた。
「ほかの子猫も見たのですが、最初に飼った猫が白猫だったので、白猫に思い入れがあって、アニョをもらうことにしたんです」

 その日のうちに奈良県まで連れ帰った。その帰路、アニョちゃんはケージの中でぐっすり眠っていた。とても度胸のある猫で、家に着いて、先住の猫に会ってもまったく動じず、シャーッといわれると、逃げるどころか追いかけていたという。

 アニョちゃん改め、「むむちゃん」と名前を付けた。

小さくても勇猛果敢な猫

 むむちゃんは小さいながらも勇猛果敢。どの猫がそばに来ても逃げず、気に入らなければ自分より大きな猫にも猫パンチをする。小さなぬいぐるみで遊ぶのがお気に入りだ。

獲物を狙う目で下を通る猫を見つめている
獲物を狙う目で下を通る猫を見つめている

 人間にはあまりベタベタしないが、立ってテレビを見ていると、「何をしているの?」と足を引っかいてくるそうだ。上本さんが会社で嫌なことがあって落ち込んでいると、話さなくても察してくれるのか、膝の上に乗ってきたり、ベッドで一緒に寝たりしてくれるという。

「子どもも手が離れて、毎日会うような友達もいないし、猫が可愛くて仕方がないんです。人間は信じられないところもあるけど、猫は私の思いに応えてくれます」

【関連記事】 愛犬の四十九日 庭に現れた子猫 放っておけず家に迎え入れた

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。