やっぱり猫と一緒に暮らしたい 熱心さが伝わり子猫を譲り受ける

 猫と人はどこか縁でつながっているのかもしれない。長年一緒に暮らした老猫を失い、もう猫は飼わないと思っていた。だが、その後、子猫とのニアミスが続いた。独身で譲渡は難しいかとも思ったが、「やっぱり猫と暮らしたい」と熱心に申し込み、大阪で保護された子猫を譲り受けた。

(末尾に写真特集があります)

猫の不審死が続き、保護された子猫

 大阪府内、山の上にある住宅地に、野良猫たちが住んでいた。その辺りでは、野良猫の不審死が相次いでいたため、保護団体「まちねこ東大阪の会」が猫好きな住人から依頼を受けて、2018年6月、おとなの猫をTNR(捕獲し不妊去勢手術を施して元の場所に戻す)した。

 引き続き子猫2匹を保護したが、残る1匹、茶トラの子猫は捕獲できなかった。その後、その子猫は不審死しているのが見つかったという。

 まちねこ東大阪の会の小西さんは「不審死していたと連絡を受けた時は、2匹だけでも保護できてよかった、と依頼主さんと涙を流して喜びました」と話す。

歌舞伎役者のような顔でカメラを見つめる
歌舞伎役者のような顔でカメラを見つめる

長年暮らした老猫を失う

 兵庫県に住む井上さんは、ミミちゃんというシニア猫を飼っていたが、2018年のゴールデンウィークに19歳で旅立った。火葬場でミミちゃんの遺骨を拾っていると、職員から「次の猫とのめぐり合わせや、何かきっかけがあるかもしれませんね」と言われた。

 井上さんは「もう猫を飼うことはない」とも思ったが、その後、1カ月も経たないうちに会社の営業所の倉庫で「猫が子猫を産んだので、飼わない?」と言われた。井上さんはトイレやミルクなど、子猫を育てるために必要なものをそろえたが、この時も縁がなかったのか、母猫が察知して、子猫を連れてどこかへ行ってしまった。

やっぱり猫と暮らしたい

 井上さんはがっかりして、譲渡サイトで猫を探し始めた。そこで見つけたのが、大阪の住宅地で、まちねこ東大阪の会に保護された野良の子猫の1匹「マロ」だった。

「独身だから、保護猫を譲渡してもらうのは難しいかなと思ったんです。マロくんをみつけた時、『可愛い! この子と暮らしたい』と思ったので、信用してもらえるようにアンケート用紙を一生懸命書きました」

 マロくんには井上さんの他にも何人か希望者がいたようだが、今度は縁があったのか、2018年6月にお見合いし、7月22日からトライアルが始まった。

 マロくんは井上さんの家に来ると、ニャアニャアと鳴き続けた。届けてくれたボランティアが帰ると、物陰に隠れて翌朝まで夜鳴きしていた。

「あ~、つまんない」と大あくび
「あ~、つまんない」と大あくび

 数日すると、徐々に慣れて、井上さんの頭の上で寝たりするようになった。その後は、井上さんが仕事から帰る頃、部屋の窓からじっと外を見て迎えてくれるまでになった。

「テレビを見ていると、手足にかみついて、『遊びに集中しろ』と言うんです。ストレッチしていると、服の中に入ってきて、脇のあたりをかむし、構ってほしくて仕方がない子なんです」と、甘え放題だ。

「マロは縁あって私の所に来てくれましたが、独身の人の所に来ても、幸せに暮らす猫がいることを知ってもらえると嬉しいです」

【関連記事】団地内で見つかった衰弱した子猫 迷わず自宅に連れ帰った

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。