団地内で見つかった衰弱した子猫 迷わず自宅に連れ帰った

 団地の中の道で、野良の子猫が1匹で見つかった。すでに相当衰弱していた。連絡を受けた愛猫家が駆けつけたが、自宅にはすでに猫5匹がいた。それでも弱った子猫を放っておくことはできず、保護して家に連れ帰った。

(末尾に写真特集があります)

衰弱した子猫を放っておけず保護

 大阪府内の府営住宅。「野良猫の子猫がいる」と、友人から愛猫家の辻本さんに連絡があった。辻本さんが駆けつけると、敷地内の道の端に、1匹の子猫がうずくまっていた。2007年8月のことだった。

 辻本さん宅には、この時すでに5匹の猫が暮らしていた。この子を保護したら6匹目になる。「もう無理……」と思ったものの、目の前にいる衰弱した子猫を放っておくことはできなかった。

 子猫はすぐに手で捕まえることができた。すっかり衰弱し、眼も腫れていた。

うるんだ瞳が愛くるしい
うるんだ瞳が愛くるしい

 辻本さんは子猫に「プヨン」ちゃんと名前をつけた。

 プヨンちゃんは息苦しいようで、ずっと上を向いて寝ていた。お腹には回虫がいて、嘔吐と下痢に悩まされた。

「まさに生きるか死ぬかという感じでした。部屋のあちこちに嘔吐と下痢をしたので、掃除が大変で。戻してすぐの回虫は、上に向かってうようよと動くので、それを見た後しばらくソーメンが食べられませんでした」

エイヤー!と勇ましいプヨンちゃん
エイヤー!と勇ましいプヨンちゃん

1部屋を与えると、トイレを覚えない

 3日後、よそで保護した3匹の子猫もやってきたので、辻本さんは4匹の子猫を一緒の部屋に入れた。元気になってからは、まるで兄弟のように一緒に走り回った。

 4匹の子猫をケージに入れずに部屋で自由にさせていると、毛布や柔らかいものの上など、トイレをあちこちでするようになった。子猫にとって部屋は広すぎたのだ。ケージにトイレと砂を用意して子猫を入れると、トイレの場所を覚えたという。

 プヨンちゃんはとても人懐っこい猫に育った。ほかの猫とも仲良く、辻本さんのもとで元気に暮らしている。その後、辻本さんは猫の保護や譲渡の活動を本格的にするようになった。

【関連記事】頭に大ケガをした子猫 目は見えずとも「必ず輝きが戻る」

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。