母猫と一緒に保護された子猫 約束通り、それぞれ幸せな家へ

ほっぺたが落ちそうとはまさにこのこと
ほっぺたが落ちそうとはまさにこのこと

 5匹の子猫は、母猫と一緒にひっそり暮らしていた。だが、子猫が路上に遊びに出ていたところを偶然発見され、保護された。保護主は母猫に不妊手術をして、「子猫たちは必ず幸せにするからね」と声をかけて、リリースした。

(末尾に写真特集があります)

道に現れた親子猫

 2017年7月、兵庫県西宮市。猫の保護団体C.O.N(コン、尼崎市)のボランティアが夜中、車を走らせていて、道の真ん中でじゃれ合って遊ぶ子猫を見かけた。たまたま車には捕獲器を5台積んでいたので、設置してみると、すぐに最初見かけた2匹の子猫が入った。

 そうこうしているうちに、近くの住宅のシャッターの下から、他の猫も次々と現れ、母猫もいた。こうして保護した子猫5匹と母猫を捕獲した。

早く遊ぼうよ~、とだだをこねているよう
早く遊ぼうよ~、とだだをこねているよう

 母猫は、屋根のある空き家のようなところで、子育てをしていたようだ。「雨をしのぐことができ、カラスにも襲われない場所だったので、5匹とも無事育ったんだと思います」。

「必ず幸せにするからね」

 母猫は不妊手術を施した後、元いた場所に戻された。

「お母さん猫と子猫たちを引き離す、その時が辛いんです。いつも『必ず幸せにするからね』と声をかけています」とボランティアは話す。

時にはりりしい顔も見せてくれます
時にはりりしい顔も見せてくれます

 5匹の子猫たちは、保護された場所が、兵庫県西宮市の武庫之荘(むこのそう)だったので、「む」の「むう」、「こ」の「こう」、「の」の「のん」、「そ」の「そら」、「う」の「うみ」と、仮の名前がつけられた。

 ボランティアが言った「幸せにする」という約束は守られて、いまは5匹とも新しい家に譲渡され、幸せをつかんだそうだ。むうくんは大阪、こうくんは尼崎、のんくんとそらちゃんは西宮、うみちゃんは神戸で暮らしている。

仲間と一緒に譲渡される

 こうくんを引き取ったのは、兵庫県の黒崎さん宅。C.O.Nの譲渡会に出かけ、こうくんを見初めた。同じケージで仲良く一緒にいた、もう1匹のすいくんと一緒に譲渡してもらうことにした。

すいくんとは兄弟のよう
すいくんとは兄弟のよう

「こうとすいは、同じケージに2匹一緒にいて、仲良しだったんです。すいの人見知りが激しかったので、2匹一緒にもらってくれる人を探していたようでした」

 こうして2018年6月、こうくんは黒崎家にやって来た。すいくんとは相変わらず仲良しで、いつも一緒にいて、眠る時もくっついているという。

【関連記事】きょうだいで一番臆病だった子猫 迎えられた家でヤンチャ発揮

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。