野良で生まれた茶トラの子猫 穏やかに成長、ボス争いの仲裁役に

 大阪の競輪場の近くで暮らしていた親子猫。母猫はTNRされて、子猫たちは、それぞれ里親を探していた。茶トラの子猫は、縁あって府内の家に引き取られた。穏やかな猫に成長し、同居猫たちのケンカを仲裁するようになった。

(末尾に写真特集があります)

 大阪府内に住む高野さんは、猫好きが高じて、猫の保護活動までするほど猫を愛している。白猫のハクくんと三毛猫のミナちゃんと暮らしており、「3匹目の猫も飼いたいね」と妻と話していた。

 最初の猫ハクくんを譲渡してもらったボランティアの楠本さんに話すと、「一度譲渡会に来てみますか」と誘われた。堺市で開かれた譲渡会に参加したが、ピンとくる子がいなかったという。その後、楠本さんから「いい子がいるけど、見に来ますか」と声をかけられ、茶トラの子猫の写真を見せてもらったという。

ボールのように丸まって眠る茶太郎くん
ボールのように丸まって眠る茶太郎くん

野良猫から生まれた子猫

 2016年6月、岸和田市にある競輪場の近くに、親子で暮らす野良猫がいた。「おおさかねこ倶楽部」のボランティアが母猫を捕獲器で捕まえて避妊手術を施した。一緒に子猫も保護した。子猫たちは生後2カ月くらい。なかなか預かりボランティアが定まらず、数カ所を移り、最後に預かったのが楠本さんだった。

「写真を見て、楠本さんが選んでくれた子ならいいかなと思い、家に連れてきてもらいました。茶トラの子は、甘えん坊でおっとりしている。人になれやすくて飼いやすいと言われたことも決め手になりました」

おとなになると、おっとりした性格に

 6月から子猫のトライアルをスタートし、「茶太郎」と名付けた。耳が小さくて、少し反り返っているところが可愛かった。確かに人懐っこく、他の猫にもすぐになじんだが、いままでの猫と違い、とにかくヤンチャだった。

アクロバティックな寝相
アクロバティックな寝相

「走り回るし、物は倒すし、本当に元気な子でした。でも、1年くらい経っておとなになると、おっとりした性格になりました。他の猫たちがケンカしていたら、茶太郎が仲裁に入るんですよ」

 高野家では、メスの三毛猫とメスのハチワレ猫が、ボス猫の座を巡って争いが続いている。一触即発の危機になると、必ず茶太郎くんが現れて仲をとりもつのだという。

【関連記事】 高架下に捨てられていた三毛の子猫 譲渡先の猫たちのボスに君臨

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

家の中に寄生虫!? 完全室内飼いの猫も対策が必要な5つの理由

「家飼いだから安心」と思いがちだが、実は家の中でも寄生虫のリスクは少なくありません。きちんと寄生虫のリスクと対策を学んでおきましょう【ネコも動物病院プロジェクト】

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。