人なれした子猫が、なぜか野良暮らし 見かねて保護、譲渡される

子猫時代から人懐っこかったランチくん
子猫時代から人懐っこかったランチくん

 TNRした地域猫たちのエサ場に、ひょっこりと子猫が現れた。首輪もしており、人なれしていたが、飼い主は現れず、野良暮らしを続けていた。周辺は交通量も多い危険な場所。見かねたボランティアに子猫は保護された。

(末尾に写真特集があります)

誰にもついて歩く子猫

 大阪市に住む個人ボランティアさんは、野良猫たちのTNRをしてほしいと近所の人に依頼された。ボランティアさんは、大阪市平野区の住宅地で5匹の野良猫を捕獲し、TNRした。リリースした後は、エサやりさんに食事をもらって地域猫として暮らしていた。2018年3月、エサの匂いにつられたのか、そのエサ場に子猫がひょっこり現れた。生後3ヵ月くらいだった。

 ボランティアさんは、人なれしていて、首輪もしていたその子猫「ランちゃん」を飼い猫だと思った。だが、エサやりさんによると「頻繁に来るから野良猫ではないか」とのことだった。

 ランちゃんは人になれていて、誰にでもついていってしまった。誰かについて、コンビニまで行ってしまった。向かいにある工場の人から段ボールハウスを用意してもらい、エサをもらうようになった。他の人からもエサをもらっていたようだ。

ソファで伸びきってリラックス
ソファで伸びきってリラックス

 しかし、ランちゃんはとにかく活動的でじっとしていない。周辺は交通量が多く危なかったため、ボランティアさんが保護したのだという。その後、ランちゃんは「まちねこ東大阪の会」が預かり、里親さんを探した。

1匹のつもりが2匹もらうことに

 兵庫県に住む中西さんは、独身の男性会社員。猫が好きなので、飼いたいと思っていた。メインクーンがほしいと、最初はブリーダーで探したり、譲渡サイトを検索したりしたが、思うように見つからなかった。

 黒猫は賢くて飼いやすいと知っていたので、譲渡サイトで黒猫も探したが、エントリーしても、独身男性だからなのか、なかなか話が成立しなかった。

 中西さんは、次に目に留まった子は、迷うことなく、すぐにエントリーすることにした。

間髪入れず申し込み

 譲渡サイトで、ロゼちゃんというパステル三毛の猫を見つけた時、間髪を入れずエントリーした。まちねこ東大阪の会では、話がスムーズに進んだ。ロゼちゃんとお見合いをした時に、たまたま一緒にいたのがランちゃんだった。「2匹一緒にいかがですか」と言われて、一緒に譲渡してもらうことになったという。

ロゼちゃんに寄り添って眠る
ロゼちゃんに寄り添って眠る

 ランちゃんと書いてあったので、メスだと思っていたらオスだった。そこで名前を「ランチ」くんに改めた。

 中西さんの家でも、ランチくんは人懐っこさを発揮し、最初からまったく物怖じしなかった。ロゼちゃんともすぐに打ち解け、一緒に遊ぶことができた。ただ、中西さんが、ロゼちゃんをかまっていると、やきもちをやいて、「自分もなでてくれ」と甘えてくるのだという。

 ランチくんは、家に来た当初、皮膚に傷があった。切除して縫合したが、傷口をなめないよう保護着を着せている。こまめに保護着の洗濯をしなければならないが、そうした世話もまったく苦にならないそうだ。

【関連記事】 ケガして保護された子猫 甘えん坊だけど、他の猫には強烈キャラ

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。