禁断のラインを超えた? 老猫の爪切りで、まさかの流血事件

   爪切りが好きな猫はあまりいないと思います。年をとると、爪の出し入れもうまくいかないようだし、切らないと痛そう。でも、なかなか切らしてくれない……。そんな老猫の爪切りで、流血事件が起きました。

(末尾に写真特集があります)

   愛猫のイヌオ(16歳、メス)は、このところ歩くのが遅くなりました。高い所にも乗れないし、ベッドから降りる時はペット用の階段をよっこらしょ。若い時は得意気にバリバリやっていた爪研ぎも、あまり見かけません。床に置いた段ボール製の爪研ぎはほぼスルー、たまに縦型の麻製爪研ぎに前足をかけて、研ぐのではなく、なでる感じ……。

最近では爪研ぎもあまりできないイヌオ
最近では爪研ぎもあまりできないイヌオ

老猫は巻き爪になって、ケガすることも

   爪の形も、以前は細くシュッとしていたのに変わってきました。とくに後ろ足の爪のほとんどが分厚く半円形のようになって……。猫は高齢になると、爪が厚くなり、放置すると、円を描くような巻き爪になって、肉球に刺さってケガすることもあるそうです。それでイヌオの爪が心配でした。

   そんなころ、sippo猫塾(セミナー)で「猫の爪のケア」について、獣医師に教わりました。先生は爪の切り方について「カットするラインは先端。血管がある所より外、絶対に血管のところを切ってはいけませんよ、絶対」と念押ししていました。

   イヌオは3匹目の猫。ベテラン飼い主の私も、爪切りには十分注意していたつもりでした。

いざ、老猫の爪切り

   ところが、先日のこと。

   イヌオの爪を見ると、また厚くなっていて、気になりました。歩きづらそうなのは、厚い爪のせいじゃないか。歩くとカチカチいうし……。イヌオは足を触るだけでも嫌がるのだけど、なんとか切ってあげたい。

イヌオによく使うのは左の爪切り
イヌオによく使うのは左の爪切り

   そう思い立ち、イヌオを抱いて爪切りを開始しました。ただ、後ろ足の爪は黒ずんでいて、とても見づらいんです。

「先だけ、切るからね。ほら、動いちゃダメ」

   肉球をぎゅっと押して、出てきた爪の先をパチン、パチン!

 なんとか切り終えました。

   そしてイヌオを解放し、他のことをした後、振り向いたときでした。なんと、ベッドの白いシーツに真っ赤なバラの花びらを散らしたような染み……。

   えっ?! 

   気をつけていたのに、禁断のラインを超えてしまっていたのです。

   爪を切ったときは、ニャーと鳴いていたけれど、とくに変化はありませんでした。イヌオが動いてシーツですれた拍子に、出血したようです。

「老猫の爪切りは少しずつ」

「ごめん、ごめーん」

 謝りながら、慌てて動物病院に向かいました。

「先生、大丈夫ですか? けっこう血が出ていました」

病院の診察台で後ろ足爪を診てもらいました(止血剤を塗りました)
病院の診察台で後ろ足爪を診てもらいました(止血剤を塗りました)

 焦る私に「これなら止血剤をつけるだけで大丈夫ですよ」と先生。

「けっこう多いんですよ、深爪をしてしまう飼い主さん。厚くなった爪に関しては、全部を切るというより、少しずつやるといいですよ」

 薬をつけるとイヌオが落ちついたので、翌週の予定だった糖尿病の検査もしてもらいました。その結果が良かったので、ほっとしました。

 家に帰ると、若い猫はっぴー(オス)が、心配そうにイヌオに寄りそいました。

「痛いの痛いのとんでけ~」。イヌオを抱きしめるはっぴー
「痛いの痛いのとんでけ~」。イヌオを抱きしめるはっぴー

「とんだ災難だったね、イヌオばあちゃん」

「でもまあ、わざとやったわけじゃないしねぇ」

 そんな会話が聞こえてきそうでした。

藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は16歳の黒猫イヌオと、2歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
ねこ飼い日記
古い魚屋の天井が崩れ、落ちてきた子猫「はっぴー」。その成長と、引き取った筆者との生活ぶりを同時進行でつづっています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。